スキレット、鉄鍋でつくる本格 パエリア

スキレット、鉄鍋でつくる本格  パエリア
我が家の来客からのリクエストNo.1のパエリア。アサリとピーマンだけでも成立します。サフランはできるだけ多目に入れます

材料

あさり
1パック
★フォンドボー(コンソメ)
小さじ1
★フュメドポワソン(鰹だし)
小さじ1
★ゲランドの塩
小さじ1/2
ひとつまみ
★ソフリット(もしくはトマト)
50cc
玉葱の微塵切り
1/2個
にんにくの微塵切り
1片
1.5カップ(300cc)
○海老
6本
○ピーマン
1個
○グリーンアスパラ
4本

1

砂抜きしたアサリを10粒ほど残してヒタヒタの水で茹で殻を開かせる。アサリを殻から外してアサリ出汁と別ける

2

あさりダシ、ソフリットID2810531と★をあわせて450ccにする。スキレットでオイル加熱、玉葱にんにくを炒める

3

米を入れ透明感が出るまで炒め、白ワインを注ぎアルコールを飛ばす。湯剥きしたアサリと温めたスープを注ぐ

4

220度に余熱したオーブンに移し10分加熱した後、一旦オーブンから出し、生アサリを口を下に米に差し込み蓋をし15分加熱

5

○海老は殻を剥き背ワタをとり塩胡椒。ピーマンは種を取り、アスパラと共に一口サイズに切り揃える

6

○を別のフライパンで調理しておき、再びガス台に戻したフライパンに○を載せて極弱火で7分加熱、パエリアに焦げ目をつける

7

ホットプレートで気軽にパエリア ID 2413033

8

写真

ブルグルで時短パエリアID3962720

コツ・ポイント

フォンドボー、フュメドポワソンは市販品を使用するか、コンソメ小さじ2に置き換えても可。
○素材は別調理せずに、オーブンから弱火加熱に戻した段階で直接トッピングし蒸し焼きでもかまわない。ソフリット(セロリ玉葱人参の炒めたもの)は無くても可

このレシピの生い立ち

我が家の接客料理の定番。ダッチオーブンのスキレット(蓋つき鉄製フライパン)を使い、「直火~オーブン~直火」のプロセスで作るが、蓋が無ければアルミホイルの蓋でもOK。○素材は加熱し過ぎると食感が悪くなるので別調理してトッピングとしました
レシピID : 2806658 公開日 : 14/09/21 更新日 : 16/07/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」