田舎の渋皮煮

田舎の渋皮煮

Description

H.28.9月話題のレシピ入り感謝♡昔ながらの渋皮煮。重曹でのアク抜きは1回だけ。前日から水に浸さなくてもOKです。

材料 (栗1ネット500g)

500g(100%)
200g(40%)
小さじ1/2(0.5%)
粗塩
ひとつまみ

作り方

1

写真

栗を洗い、ホーロー鍋でヒタヒタの水で中火で茹で、沸騰したら火を止めて、そのまま30分。

2

30分後、流しに鍋ごと持って行き(常温になるまで待たない)流水で水を入れ替え、手で触れる位の温度にする(栗は浸けたまま)

3

写真

鬼皮を剥きます。お尻の所5ミリの所に包丁で切り込みを入れ、親指と包丁で皮をはさんで栗の頭の尖った方へ引っぱり剥く。

4

写真

後はなるべく包丁を使わず手でみかんを剥くように鬼皮を剥く。

5

写真

お尻の所は無理に取らず、このまま残しておく。(これでかなり時短になります♡)

6

写真

剥いたらたら、水の張ったボールに次々入れていく。(写真は2キロ弱、でもそんなに時間がかかりませんでした)

7

写真

これが重曹(タンサン)。白い粉です。炭酸水ではありません。必ず食品用を使ってくださいね。

8

写真

ホーロー鍋に6の栗を入れ、たっぷりな水と重曹を入れ水から中火強で煮て、沸騰したら弱火で15分煮る。アクも時々ひきます。

9

写真

15分経ったら、流しに鍋ごと持って行き、流水で水を入れ替える。渋皮が破れ易いのでザルにはあけません。

10

写真

水をチョロチョロ流しながら、栗の表面をこすり洗いする。

11

写真

栗のお尻の鬼皮はここで剥きます。鬼皮と一緒に、ミゾに入ったスジがくっ付いて取れます。(ミゾのスジがかなり取れこれで時短)

12

写真

ホーロー鍋を洗い、水だけで煮ます。(重曹臭さを取り除く為)沸騰するまで中火強、沸騰したら弱火で10分煮る

13

写真

流しに鍋ごと持って行き、水を入れ替え、同じようにこすり洗いをする。取れにくい所は爪楊枝などを使う。

14

写真

これ位表面がツルツルになったら、柔らかくする為、水だけで煮る。水から中火強で煮て、沸騰したら弱火で15分〜20分。

15

写真

柔らかく煮えたのを確認したら、(竹串等で刺してみる)流しに鍋ごと持って行き、水を入れ替え、栗とお鍋をサッと洗う。

16

写真

いよいよ味付けです。これ位のひたひたより少なめの水を入れ、水から中火で茹でる。

17

写真

沸騰したら弱火にし、きび砂糖を1/2入れ5分煮る。5分後、粗塩と残りのきび砂糖を入れ15分煮たら火を止める。

18

写真

常温になるまでフタをしてそのまま味をしみ込ませる。常温になったら煮汁に浸けたまま冷蔵庫で保存してください。

19

写真

渋皮煮をパウンドケーキに入れても美味♡

20

写真

モンブランケーキにトッピングしても♡

コツ・ポイント

◎鬼皮を剥く時、くれぐれも手を切りませんように。気をつけてください。
◎煮汁の紫色はワイン等と同じ体に良いポリフェノールです。重曹でのアク抜きは1回で十分です。
◎手順14の時点で柔らかく煮えてたら手順14,15はせずに砂糖で煮てください。

このレシピの生い立ち

◎畑に古い栗の木があります。茹で栗、渋皮煮、ケーキと結婚してから毎年作っています。約30年前の料理本のレシピから、毎年少しずつ改良していきました。大まかな手順は変えていませんが、ちょっとしたコツなど詳しく覚え書き用にとアップしました。
レシピID : 2818286 公開日 : 14/10/02 更新日 : 16/09/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

76 (69人)

20/10/31

写真

皮むきがすごく楽になり、一つも失敗せずむけました。

yukoかめ

20/10/15

写真

丁寧なレシピのおかげで美味しくできました。ご馳走様でした

vivi☺︎

20/10/13

写真

久々に作りました。すごく美味しくて、頑張った甲斐がありました♪

JUNちゃン

20/10/11

写真

初めての渋皮煮!家族に好評でした

Yuyoka

1 2 3 4 5