飴色の玉葱とアンチョビのピッツァ

飴色の玉葱とアンチョビのピッツァ
意外な組み合わせが本当に美味しい!!
ワインととっても合います♡
我が家のホームパーティーで大人気のクリスピーピザです♪

材料 (直径22cmピザ1枚分/12×16cmスクエア⇒2/3量で)

ID2197705の飴色の玉葱
200cc分(玉葱1.5~2個分
オリーブオイル...A
30cc(大さじ2)
ニンニク(粗微塵切)...A
1欠片(国産普通サイズ)
生ハム(粗微塵切り)
23グラム
ブラウンマッシュルーム(粗微塵切)...B
1個(中~大サイズ/小サイズは1.5個)
アンチョビフィレ...B
1.5枚
10cc(小さじ2)
モッツァレラチーズ(ドイツ産セミハードタイプ/お好きなチーズでOK)
適量
ピザクラスト(クリスピータイプ/手作りクリスピータイプの生地もOK/工程(31)~参照)
1枚(直径22cm)
黒コショウ
適量
ドライハーブ(お好みで)
適量

作り方

1

写真

まずは《ID2197705/飴色の玉葱》を《材料覧/玉葱2個分》で作ります。

2

写真

今回は《玉葱⇒微塵切り》で作って下さい。
そしていつもより出来るだけ《しっかり茶色》にする事をお奨めします。

3

ID2197705は15分位で楽に失敗なく出来るのでお奨めです。
*《画像(2)》は玉葱3個分

4

写真

オーブンを《最高温度⇒いつもピザを焼いてる温度》に設定して予熱を開始する。
*天板も庫内にセットして一緒に熱します。

5

予熱終了後《15分~》空運転しておく。
家庭用オーブンの《予熱完了直》は庫内温度がまだ低いので、空運転をお奨めします。

6

写真

冷たいフライパンに《材料A》を入れて《弱火》にかける。
《ニンニク》がフツフツして来たら《生ハム》を入れます。

7

写真

少しして《生ハム》に火が通ったら《材料B》を入れる。
火加減は《弱めの中火》にします。

8

《(7)のアンチョビ》を解しながら全体を混ぜてサッと炒める。
《アンチョビ》が全体に馴染んだら《白ワイン》を入れます。

9

写真

(8)に《(1)の飴色の玉葱》を入れる。
火加減を《強めの中火》にして、全体の水分を飛ばしながら炒めます。

10

写真

(9)の全体がよく混ざり、水分が飛んだら火を止める。
味を見て必要なら《塩コショウ(分量外)》で調えて下さい。

11

写真

(10)のフィリングは《約230cc》出来ます。
この時点でついついつまみ食いが…(笑)
美味しいです^^

12

写真

【補足/(9)の水分の飛ばし】
*全体がネトっとした感じが理想です。
*フライパンを傾けて水分が溜まるのはNGです。

13

写真

(10)を《ピザクラスト》の中心に置いて均一に延ばす。

14

写真

(13)に《チーズ》を適量のせる。
私は後々カットした際に《チーズ》が中心に来るように置いています。

15

写真

私はピザストーンの上に直接置いて焼成する為《オーブンシート》を敷いていませんが、通常は《オーブンシート》を敷いて下さい。

16

写真

(14)を《(5)のオーブン》の熱い天板に置く。

17

写真

私はよく滑る耐熱性の薄い板を使用して滑らす様に天板にのせてますが、やりやすい方法で置いて下さい。

18

滑らして入れるのが難しい方は、熱い天板を一旦外に出して生地を置いてもOKです。

19

写真

(16)を《5~7分⇒生地の淵に焼き色が付いてカリっとするまで》焼成する。
*焼過注意
*焦げ注意

20

写真

(19)に《黒コショウ》を挽いて好みで《ドライハーブ》を散らす。
そして《10~12等分》にカットして出来上がりです^^

21

写真

【12×16cmスクエアピザの場合】
《(10)⇒2/3量》を《22cmピザクラスト》にスクエアになる様に延ばす。

22

写真

(21)に《モッツァレラチーズ》を適量のせる。
*チーズは《各1,5cm角》が私は好きです。

23

写真

(22)を《5~7分⇒生地の淵に焼き色が付いてカリっとするまで》焼成する。
*焼過注意
*焦げ注意

24

写真

(23)をスクエアにカットして《黒コショウ》を挽く。
好みで《ドライハーブ》を散らします。

25

写真

(24)を更に《12等分》にカットして出来上がりです^^
一口サイズのこちらもとってもお奨めです。

26

写真

飴色の玉葱とアンチョビだけではなく、《ニンニク/生ハム/マッシュルーム》がしっかり各々の役割と旨味を出しています^^

27

写真

高温焼成する事で《飴色の玉葱》の旨味と味の深さも増します。
適量のトロ~ンとした《モッツァレラ》が合います。

28

写真

意外な組み合わせですが本当に美味しい♪
『ピサラディエール』もどき(汗)の大人のピッツァ…
ワイン片手に是非どうぞ^^

29

写真

別で《ガーリックオイルでグリルした茄子やしめじ》をONして焼いてもとても合いました
ピサラディエールの様にオリーブも◎♡

30

写真

薄くカットしたバゲットでピザにしても◎です^^
素敵アレンジを…♡

31

【補足】
手作り生地や色々な生地で作りましたが、このフィリングには《市販のピザクラスト》独特のサクサクが1番合いました。

32

手作り生地で作られる方は《クリスピータイプの生地》を薄く延ばして使用が好ましいと思います。

33

厚めの生地がお好きな方は厚めでもOKです。
本場の『ピサラディエール』は厚め生地が主流のようです。

34

ですが、生地自体の焼成に時間がかかると『フィリングが先に焦げてしまう事』があります。

35

手作りの厚め生地の場合は《生地のみ》先に数分焼いておくのもお奨めです。
*その場合は生地に《ピケ》をして下さい。

36

【注意点】
《工程(13)(21)》の様にフィリングをのせるのは、焼成寸前にして下さい
*生地に水分が移動してしまいます

コツ・ポイント

*《飴色の玉葱》は微塵切りの玉葱で作って下さい。
*多少変わりますが《生ハム⇒ベーコン》で代用OKです。
*焼成時にフィリングを焦がさない様に気を付けて下さい。

とっても簡単ですが【補足/注意点】は大切です。

このレシピの生い立ち

日本橋のワインバーで《アンチョビ風味の飴色玉葱》を使用している品があり、そこからヒントを得ました。
お店の物は《飴色玉葱とアンチョビ》だけのシンプルな物でしたが、自分なりに色々実験してフィリングが出来ました。
ピザにしたら激ウマでした^^
レシピID : 2838940 公開日 : 14/10/16 更新日 : 16/09/20

このレシピの作者

大阪中央区より東京某区に来て夫婦2人楽しく生活しています。
キッチンに引きこもる事とDeベイスターズが生き甲斐のアホです><
大阪では自宅で教室を開いてましたが、今は料理教室に関する様々な仕事をしています♡
宜しくお願いいたします^^
*マカロンをはじめ、私のレシピでご質問があればレポにて教えて下さい。
私の範囲で日記にてお応えさせて頂きます
*アンチョビ同盟/№15
*カッチョエエハード焼き隊

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

6 (5人)

15/12/24

写真

長男くんがものすごい勢いで食べたあ♡クリスピーピザにほんと合う♡

あやぽむCafé♡♡

チーズの感じも全て最高!クリスピー共感して頂きめちゃ嬉有難う

15/12/24

写真

海老のクリームリゾットとのセットのつくれぽをお届け~♡♡ふふ

あやぽむCafé♡♡

ひゃ〜こちらもめちゃ②素敵に有難う涙)大好きRをWで本当嬉〜

15/06/20

写真

見た目全然違うケド…入ってるものは全く一緒٩(๑′∀ ‵๑)۶

kurupooon

何て美味しそ〜!お店の窯焼ピザの様で大尊敬よ〜いつも有難う涙

15/02/28

写真

ものすごく美味しかったです!味見が止まらなかったです(^_^;)

MIE88888

ピザ生地も全てとっても美味しそ♡大好きRにめちゃ②嬉有難う涙