ウサギ肉とトマトの白ワイン煮

ウサギ肉とトマトの白ワイン煮

Description

話題入り♪ありがとう☆
フランス語では、” Civet de lapin a la tomate”と言います。

材料 (2人分)

うさぎ肉
1パック(一匹分?)
(もしくは 鶏もも肉)
(2枚ぐらい)
トマト
2個
たまねぎ
2個
マッシュルーム
10個ぐらい
バター
20gぐらい(ウサギ用)
小麦粉
大さじ 2
2カップ
バター
10gぐらい(マッシュルーム用)
塩・胡椒
各 適量

作り方

1

写真

ウサギ肉。今回使った1パックには、これらのほかに、もう少し、鶏胸肉1枚分ぐらいが入ってました。全部使いました。
大きすぎる場合は適当な大きさに切り分けます。

2

写真

玉ねぎは細切り。トマトは湯むきして、串切り。

3

写真

いろんな種類のマッシュルームの組み合わせパックを使いました。
白いマッシュルームは皮をむいて使います。

4

写真

バターを溶かした鍋で、ウサギ肉を、少し焼き目がつく程度に、強めの中火で焼きます。

5

写真

小麦粉をまぶし入れ、混ぜあわせます。

6

写真

小麦粉が肉にからまったら、白ワインと水を入れて、強めの中火で、アクをとりながら、煮込みます。

7

写真

引き続き、トマトを入れて、煮込みます。

タイムを少々入れます。

8

写真

別鍋で、薄切りにしたマッシュルームをバターで炒めます。

ウサギ肉の鍋は、この間も煮込み中です。

9

マッシュルームが炒まってからも、ウサギ肉の鍋は、ソースが⑥の時よりも、3分の1ほど、減るぐらいまで、煮込み続けます。

10

写真

⑥の時より、少し、ソースが煮詰まってきました。
この頃までに、ソースには少し、とろみがついているはずです。

⑧のマッシュルームを入れて、5分ほど煮詰め、塩・胡椒で調味します。

11

器に盛って、出来上がり♪

ご飯や、バターを絡めたパスタなどと一緒に、どうぞ。

12

コクが足りないとコメントいただいたので、コクの足し方を考えてみました→

13

★材料でコクを★
○肉…骨付き肉を使う。(美味しいスープがでます。)

14

○マッシュルーム・・・缶詰ではなく生を使う。(風味、歯応えが全然違います。)

15

○ワイン・・・普通に飲むワインを使う。(料理用ワインは、このレシピのようにソースとして使うと、物足りない味に。)

16

○白ワイン・・・赤ワインに変える。(白→赤では風味が全然違うけど、白よりも濃厚なソースになるはず。赤も飲用のワインを。)

17

★作り方でコクを★
作り方⑩でマッシュルームを入れ、調味後、バターと、生クリームを少し足し、ソースと馴染ませる。

18

★+コク★
クックL12W40さんから”+生クリームで”とレポ頂きました。なるほど!
ありがとうございます♪

コツ・ポイント

切って煮込むだけなので、特にコツはいらないかな。。
しいて言うと、白ワインと水を入れるまでは、焦げ付かないように、手早く、肉をかえしたり、混ぜてください。

このレシピの生い立ち

ウサギ肉を久しぶりに食べたくなって、義理ママに教えてもらったレシピ。
レシピID : 286565 公開日 : 06/10/01 更新日 : 18/05/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

13 (11人)

18/12/12

写真

鶏ももで作りました。身体が温まりますね。

クックLJ2W4Q☆

作ってくれてありがとうございます♪鶏ももも美味しいですよね。

18/05/23

写真

鶏肉で作りました。生クリーム足すと、コクが出ます。

クックLJ2W4Q☆

生クリームでリッチですね☆レポありがとう!

18/03/23

写真

チェコ在住です。うさぎの前足のお肉で美味しくできました!

kurayu

欧州だとウサギ手に入りやすいですよね♪れぽ、感謝!

18/03/02

写真

スープ多め兎肉少な目でお肉が見えませんが冬には温まる一品でした!

Sykラボ

レポ感謝!スープでスープスパやリゾットできそう♪

ゆなあや 2010年08月06日 21:40
パパ コクが足りない
ゆなあや 2010年08月06日 21:41
パパ コクが足りない。
Profile yuyu et kp 2010年08月19日 17:04
バカンスで1ヶ月留守にしててお返事遅くなっちゃいました。ごめんなさい!

コクが足りませんでしたか~。

①生クリーム(仕上げに入れる) か、
②バターの量を増やす か、
③白ワインを赤ワインに変えてみる(白→赤だと風味もずいぶん変わりますが。)

他には、材料を、

①肉は骨付き肉を使う。(骨から美味しいスープがでます。)
②マッシュルームは缶詰でなく、生を使う。(缶詰のマッシュルームと生では、全然、歯ごたえも風味も違います。)
③白ワインは、料理用ワインではなく、普通に飲めるワインを使う。(料理用ワインは風味付けには十分ですが、このレシピみたいに、ソースとして使うときは、物足りない味になってしまいます。)

機会があったら、試してみてくださいね♪
らどりん 2010年09月02日 08:37
yuyu et kpさん、はじめまして。
らどりんと申します。
決して怪しいものではございません。
yuyuさんのお部屋にお邪魔しました。
海外在住とありますが、それにet とかフランス語のようなので、クック・オウ・ヴァンとかアップしていらっしゃるレシピもフランス臭が漂っているので、フランスにお住まいなのでしょうか?
今日、スーパーに買い物に行って、いつも冷凍うさぎは売っているのですが、その隣に冷凍かえるが売っているのを発見して、何を作るとか考えもせず、面白半分で買ってしまいました。
さっそくクックパッドでかえる料理を検索したのですが、
出てくるのはケロちゃんのキャラ弁ばっか(笑)。
yuyuさん、もしかしたらかえる肉を使ったフランス料理のレシピをご存知なんじゃないかと思って、コメントさせていただきました。
ご存知だったら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。
この、ウサギのレシピも挑戦してみようと思います!
Profile yuyu et kp 2010年09月02日 21:40
♪らどりんさん♪
初めまして!
フランス臭、漂ってましたかw(*^_^*)
そうなんです、南仏で暮らしています。
日本で、ウサギ肉どころか、カエルまで買えちゃうんですね、すごい!!
ウサギよりカエルを買ってしまう、らどりんさんもチャレンジャーですね!!

今まで、カンガルーやハトは食べたことあるんですけど、カエルはまだ食べたことないです。
ご馳走してもらったフランスの家庭料理でも、カエルはでてきたことがないですねぇ。。

人から聞いたところでは、鶏肉と味が似てるらしいです。
こっちのスーパーでは、ウサギやハトは、普通に売ってるんですけど、カエルは見たことないです。
季節物なのかしらww?!
食べるのは足の部分と聞いたことがあるので、もしそうだったら、鶏の手羽先レシピで、たぶん、カエルは手羽先より脂身がなくて、淡白だと思うので、味付けを濃いめにしてみるといいかもしれません。

何のお役にもたてず、ごめんなさい。。
カエル料理、作ったら、アップしてください、カエル肉、見てみたいです!
カエルに飽きたら(?)ウサギもお試しください(*^_^*)
らどりん 2010年09月03日 20:24
yuyuさん、ご丁寧にレスありがとうございます!
そうですか、やっぱりおフランスにお住まいですか。
それも南仏なんて、憧れてしまいます。
ふ~ん、そうですか、なんとなく私の印象として、カエルはフランス料理って感じがしていたので、そちらでは普通の食材なのかなぁと思っていました。
あんまり構えずに、鶏手羽代わりに使って良さそうですね。
でも何か、カエルならではのレシピがないか、
他のサイトも物色してみようと思います。
ウサギはそちらではどうなんですか?
普通に売っているそうですが、日々の食卓に頻繁に登場するんでしょうか?
それとも盆と正月というか(笑)、お祝い事の時のお食事なんでしょうか?
私はラムとか鹿とかイノシシとか大好きなので、ウサギもきっと好きだと思うんです。
ウサギはそんなにくせはないんでしょうか?
yuyuさんの白ワイン煮、作ったられぽ送りますね。
私も海外組なんです。
ブラジルのサンパウロにかれこれ10年住んでいます。
これを機会に、仲良くさせていただけたらと思います。
どうぞよろしくね。
らどりん



Profile yuyu et kp 2010年09月03日 22:25
なんと、ブラジルからコメントを!(≧▽≦)
らどりんさんのページにお邪魔したら、”もしや、干物?!”というお写真を拝見したので、日記を読ませていただきました。お手製干し網、素晴らしい!
私もレシピが気になってカエル肉の話をフランス人にしたら、”最近はもうカエルは流行ってないよ。”と言われちゃいました。
フリット(揚げ物・フライ)にするといいかな、とも言ってました。
ウサギは、日々の食卓に、普通に出てきます。
味は鶏肉みたい。でも、鶏より淡白なので、離乳食に向いてるんですって。
臭みもなくて、淡白だけど、鶏より身がしまってて美味しいです。
鶏と違うのは、骨が多いこと。多いというか、背骨とか足の骨の感じが、ナイフとフォークで食べるのに、ちょっと苦労する感じ。
私はソースと一緒の方が好きですが、ローストチキンみたいに、オーブンで焼いて食べたりもします。
ちなみに鹿や猪は冬に食べます。
南仏といっても、コートダジュールとか、プロヴァンスとか、あんな華々しいとこではないんですー。
地理的にフランスの南ってだけで。(^_^;)
こちらこそ、どうぞ仲良くしてくださいね!
らどりん 2010年09月19日 01:56
yuyuさん、カエルレシピ、アップしたのでお知らせします。
いろいろサイトを物色して、フランスものとイタリアものを見つけたのですが、なんとなくいまいちで、バッファローウイング味の照り焼きにしてみました。
yuyuさんのおっしゃる通り、全く臭みがなくて淡白でした。こってり味にしないとものたりない感じです。
カエル自体が超低カロリーなので、こってり味も罪悪感あんまり感じないで済むかな、、(笑)
気持ち的にはね、うさ子さんに傾いちゃってるんですよ(笑)。
今度うさ子さん買ってきます。
カエルのレシピ№1236153、レシピ名は「超低カロリーのカエルでバッファロー」です。
よかったら見てね。
らどりん

らどりん 2010年11月07日 07:36
yuyuさん、お久しぶりです~
買ったうさ子さんは冷凍庫に入れて、冷凍庫にいれちゃうと安心しちゃって、ずっと作りそびれていました。
作る前に一度夢で食べました(汗)
夢にまで見ちゃって、こりゃ可及的速やかに食べようと思って、夢を現実にしました。
初めてのうさ子体験、ソースが美味しくて、そっちは大満足だったのですが、肉自体はホント淡白、淡白すぎでさびしいものがありました。
でも、ソース気に入っちゃったんですよぉ~まじで!
今度は骨付き鶏ももで作ろうかな?白身の魚も美味しいだろう、、なんて考えています。
コクがないっていうコメントがあったようですが、煮込みが足りなかっただけなんじゃないのかなぁ、、
わたしはリピしま~す!
らどりん