乾燥そら豆の蜂蜜煮

乾燥そら豆の蜂蜜煮

Description

保存のきく乾燥そら豆。春の野菜を一年中おいしくほくほく楽しみましょう。蜂蜜の優しい甘さで体も心も喜ぶはず。

材料 (作りやすい分量)

乾燥そら豆
150g
小さじ1
80g~
小さじ1/4

作り方

1

乾燥空豆をよく洗い、ボウルに入れ、たっぷりの水に1晩~1日浸し、豆を膨らませます。

2

空豆にワタがついていることがあるので、一粒ずつよく洗います。

3

鍋に空豆を入れ、たっぷりの水(約1.5リットル)を注ぎ、沸騰させます。そのまま、2~3分茹で、ざるにあげます。(1回目)

4

鍋を洗い、空豆とたっぷりの水を注ぎ、重曹を入れ、沸騰させます。そのまま、2~3分茹で、ざるにあげます。(2回目)

5

鍋を洗い、空豆と水0.5リットルほどを入れ、煮ていきます。弱火中火で30分程度煮ていきます。

6

灰汁が出ていれば、取り除きます。

7

好みの硬さになっていることを確認して、火を止めます。

8

※甘みを入れるとそれ以上やわらかくならないので、この時点で硬さは完成させます。

9

完全に冷めたら、蜂蜜を入れ、煮ていきます。煮汁の量がそら豆の高さと同じくらいになるまで煮ます。

10

最後に塩を加え、全体に味が回ったら完成です。

11

※いったん冷ましたほうが、味が豆にしみて、甘みをしっかり感じます。

12

※生のそら豆を煮るより、皮が軟らかく仕上がり、皮ごと食べられます。

13

※はちみつはかなり少なめです。はっきりとした甘味で楽しみたい方は、120gくらい入れてもいいと思います。

コツ・ポイント

蜂蜜は完全に冷ましてから入れてください。熱いうちに入れると豆が固くなります。蜂蜜の代わりに砂糖でもできますよ。重曹が入ることで、灰汁もぬけ、皮はやわらかくなります。

このレシピの生い立ち

実家から送られてきた手作り乾燥そら豆。食べ方を聞いても、母は「普通の煮豆と一緒!」とのこと。「よくわからん!」と思ったので、丁寧に煮てみました。
薬膳では白砂糖は体を冷やすと考えられているので、体のために今回は蜂蜜を使用しています。
レシピID : 2880582 公開日 : 14/12/13 更新日 : 15/01/13

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

18/01/02

写真

小粒の乾燥そら豆。蜂蜜の風味と香が重厚。すごく美味しかったです。

ひさかた

すごく魅力的な仕上がり!私もご馳走になりたいです♡笑

17/08/30

写真

美味しかったです。ほっこりする味ですね(o^^o)

きゃらとも

埋もれレシピなのに発掘感謝です!仕上がりが美しし過ぎる~!

15/11/26

First tsukurepo mark
写真

砂糖で作りました(^^ゞなつかしい味に出会えて嬉しいです♪感謝~

ぶぅーふーうー

マイナーレシピ(笑)を見つけ、れぽ下さりとっても嬉しい!感謝