薬膳家レシピ:里芋ときのこの重ね焼き

薬膳家レシピ:里芋ときのこの重ね焼き

Description

乳腺炎の予防や、疲れて、肩こりやだるさがあるときにはぴったりの食材なのが里芋です。

材料 (2人分)

里芋
150g
きのこ(しめじ、まいたけ、えのきなどを取り合わせて)
100g
塩小さじ
1/4
胡椒
好みで
レモン
1/4個分
刻んだイタリアンパセリ
適宜

作り方

1

里芋の皮をむき、3ミリ幅程度の薄切りにする。

2

きのこは、石づきの部分をとって食べやすくばらす。

3

ボウルに1と塩、胡椒、オリーブオイルをかけて、手で混ぜ合わせる。

4

アルミホイル又はオーブンシートに載せて、シートの口をしっかり閉じる

5

180度であらかじめ温めておいたオーブンで20分焼く。

6

焼きあがったら、レモンをしぼり、刻んだイタリアンパセリをたっぷりのせる。そのまま食卓へ。

コツ・ポイント

里芋は、体力をつけながら、血液の流れを良くし、毒素を排出する効果があります。

今回は、里芋と同じく老廃物を排出する働きのあるきのこをたっぷり合わせて、簡単なデトックス料理をご紹介します。

このレシピの生い立ち

中国医学では、できものを柔らかくして、ほぐし、毒素や老廃物と古い肉を取り去る効果があるといわれています。

レシピ考案:薬膳料理家 阪口珠未
その他のレシピ http://kanpokitchen.com/recipes/
レシピID : 2902086 公開日 : 14/11/27 更新日 : 14/11/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (2人)

20/10/16

写真

塩胡椒、オイルと柑橘全部とても合って大好き有難ございます♡♡

もすろー

15/11/24

写真

エリンギと舞茸で☆里芋ほくほく(^ω^)体と心が暖まりました

もすろー

15/03/17

First tsukurepo mark
写真

簡単に作れました!ありがとうございます!

みぽわん