にんにく芽の炒めもの 薬膳 気虚のレシピ

にんにく芽の炒めもの 薬膳 気虚のレシピ
にんにくの芽は元気の元を補い、豚肉は元気の元と血を補います。生姜はカラダ内部から温め、甘辛い味つけが食欲をそそります。

材料 (2人分)

豚こま肉
200g(脂はできるだけ取り除く)
ニンニクの芽
5本
★しょうゆ
大さじ1
★酒
大さじ1
★おろし生姜
小さじ1
■水
少量(片栗粉溶き用)
小さじ1
胡椒
少々

1

豚こま肉は★と合わせ、しばらく置いて臭みをとっておく。片栗粉は少量の水で溶いておく。■をあらかじめ混ぜ合わせておく。

2

ニンニクの芽は食べやすい長さに切る。鍋に湯を沸かし、さっと15秒ほど湯通ししてザルにあげておく

3

フライパンを熱し、胡麻油を入れ、中火で豚肉、ニンニクの芽の順に炒める。

4

材料に火が通ったら■を加えて全体をざっと絡め、とろみがついたら胡椒を振ってできあがり。

コツ・ポイント

豆板醤は消化力が落ちている時は控えめに。少量ならばカラダ内部から温めるので、香る程度に使いましょう。

このレシピの生い立ち

【美学薬膳】のサイトで中医学の体質診断、不調の原因をチェック、薬膳レシピ検索へhttp://www.bigakuyakuzen.com

元気がない時でも食感がよく、ご飯のお供に最適です。元気不足の時はお米で生命力を補いましょう。


レシピID : 2921404 公開日 : 14/12/09 更新日 : 14/12/09

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」