信州・まつもと鍋

信州・まつもと鍋

Description

冬の19日は 信州・まつもと鍋の日(^.^)
家族や仲間で 団らん あったかしあわせな 一時を(^o^)

材料 (4人分)

松本一本ねぎ(大きめカット)
1本
信州岩垂原SPF豚(スライス)
400㌘
信州産鶏胸肉(一口サイズカット)
2枚
信州まつもとの白菜(大きめカット)
1/4株
信州まつもとのごぼう(スライス)
1/2本
信州まつもとのながいも(輪切り)
100㌘
信州まつもとの人参(お好みカット)
1/2本
信州まつもとのえのき
1/2株
信州まつもとのしめじ
1/2株
信州まつもとの水(水道水・湧水)
600CC
1パック
つけだれ
信州まつもと産ふじりんご(皮ごとすりおろし)
200㌘
ポン酢
200CC
まつもと巾着(おすすめ食材1)
油揚げ(巾着サイズ)+つまようじ
4枚
信州まつもとのながいも(とろろ)
200㌘
信州松本山賊焼(小さくカット)
120㌘
信州まつもとのごぼう(小さくスライス)
120㌘
まゆだま飯(おすすめ食材2)
信州まつもとのごはん
400㌘
〆の信州まつもと雑炊
信州まつもとの味噌
適量
信州まつもとの酒粕
適量
信州まつもとのごはん
400㌘
信州産たまご
1個
信州産ながいも(とろろ)
適量
松本一本ねき(きざみ)
適量
信州松本山賊焼(一口分)
4個

作り方

1

野菜をカットしバット等に盛り付け、だし汁を作り準備する。おすすめ食材1は、家族や仲間と楽しみながら準備します。

2

写真

鍋に鶏肉を入れて両面に焼き色をつけます。

3

鶏肉に焼き色がついたところで、松本一本ねぎの白い部分を入れ、焼き色をつけます。
(松本一本ねぎは、焼くことで旨味アップ)

4

3の鍋の具材の上に白菜を敷き詰めます。

5

白菜の上中央に、豚肉を周囲に松本一本ねぎ緑の方とその他の野菜と巾着(おすすめ食材1)を盛り付けます。

6

蓋をし、具材に火が通るまで加熱します。

7

写真

鍋が煮たったら完成。りんごポン酢で食べます。

8

具材を食べ終わった頃、雑炊の調味料を入れます。この時、味噌9に酒粕1の割合でお好みの味付けにします。

9

ごはんを入れかき混ぜます。更に真ん中にくぼみをつくり、たまごを落とし入れかき混ぜます。

10

器に盛り、とろろと山賊焼と刻んだ松本一本ねぎを添えて、お好みで醤油または塩をかけ食べます。

11

おすすめ食材2まゆだま飯を作り方と食べ方

12

ご飯を20㌘ほどずつ手に取り、寿司を握る要領でまゆだま状にします。

13

フライパンなどで片面ずつ焼き完成です。

14

8のあとに、まゆだま飯を入れ食べます。だしを吸いつつも型崩れせず口の中でほろっとします。

コツ・ポイント

信州まつもとの食材で!
始めに焼くことで、旨味アップ!
信州まつもとのうまい水で煮る!
初めはあっさり、雑炊へ変化を楽しむ!
おすすめ食材で、団らんと信州まつもとを学ぶ!
なお、食べ盛りの方が多い場合は、豚肉を散らして盛り付けする事!

このレシピの生い立ち

松本大学、JA松本ハイランド、松本市が連携して、チームを結成。寒い松本の冬に人々が、鍋を作って食べることで暖かく幸せになれるよう、想いを込めて作りました。冬の19日を信州まつもと鍋の日として記念日登録しました。この鍋で地域を元気にしたい!
レシピID : 2952642 公開日 : 15/01/07 更新日 : 15/01/07

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (2人)

16/01/16

写真

美しく盛ってみました。

情熱家たろう

16/01/16

写真

てんこ盛りにしてみました(^.^)

情熱家たろう

15/12/23

First tsukurepo mark
写真

今回3回目です 今回ちょっとうどん入れて見ました!

そらうみのちち