風邪や回復食に。りんごのくず練り*生姜味

風邪や回復食に。りんごのくず練り*生姜味
「1日1個のりんごは医者いらず。」
発熱時の回復食に。胃腸を整える葛と、りんごのペクチンで内臓を温め、解毒を促します。

材料 (2人分)

りんご(なければストレートりんごジュース 1.5カップでもOK)
1個
1/2カップ〜りんごと合わせて1.5カップになるように。
本くず粉
大さじ1(ぷるぷるが好きな方は大さじ2)
生姜のすりおろし
少々〜お好みで
自然塩
ひとつまみ
好みでシナモンや、クローブなど。
少々
好みではちみつ(生ハチミツ)
好みの甘さに。
【注】片栗粉はじゃがいもでんぷんなので、体を冷やしてしまいます。このレシピには代用できません。
-

1

りんごをすりおろし小鍋に入れる。または水とミキサーにかけて小鍋に移す。
りんごジュースを使う場合は、水を足さなくてOK。

2

材料を鍋にすべて入れ、くず粉のダマがなくなるまで混ぜてから、火にかける。
混ぜる前に火にかけるとダマになるので注意。

3

写真

弱火で絶えず混ぜ続ける。
とろみがついて透明感が出てきたら完成。好みでハチミツ少々を。
飲んだ後はずっとお腹がぽかぽか!

4

写真

発熱して食欲がない時に食べさせたり、離乳食としても最適。
りんごのペクチンが腸内をお掃除して、便通も良くしてくれます。

5

大人は暴飲暴食が続き胃腸が疲れた時に、これを食事代わりにして内臓を休ませても。1食抜くだけでかなりプチ断食効果あります。

6

写真

私は九州産の本葛粉を使っています。
体を芯から温め、滋養強壮、胃腸の調子を整える漢方「葛」。必ず葛粉を使用してください。

コツ・ポイント

「りんごのくず練り」はあらゆる不調に効く養生食。
ただし、食事もおやつも色々食べて、くず練りを食べていては本末転倒。
デトックスは足し算ではなく、引き算が大事。
くず練りを食べる時は、他には何も食べずに、内臓をすっかり休ませてあげましょう。

このレシピの生い立ち

りんごは生よりも、加熱するとデトックス作用のペクチンの吸収率が格段にアップ。
アップルペクチンは食べ過ぎた添加物や化学物質の解毒、アトピーの改善にも効果があります。
レシピID : 2965247 公開日 : 15/01/15 更新日 : 17/12/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

28 (26人)

17/12/04

写真

風邪気味のお昼に。ほっとあったまりました*

hum86

ありがとうございます。よかったです。

17/10/11

写真

風邪ぎみの一歳の息子に作りました。甘くて美味しかったです♪

ゆかちんッ

ご返信がおそくなり、すみません。ありがとうございます。

17/10/06

写真

風邪を引いた息子も大喜びで食べてくれました!

sweetly720

ご返信が遅くなり、すみません。ありがとうございます。

17/08/06

写真

手足口病の息子に(o^^o)

ももちゃん92

お大事にしてください。

1 2 3 4 5