風邪や回復食に。りんごのくず練り*生姜味

風邪や回復食に。りんごのくず練り*生姜味
「1日1個のりんごは医者いらず。」
発熱時の回復食に。
胃腸を整える葛と、りんごのペクチンで内臓を温め、解毒を促します。

材料 (2人分)

りんご(なければストレートりんごジュース 1.5カップでもOK)
1個
1/2カップ〜りんごと合わせて1.5カップになるように。
本くず粉
大さじ1(ぷるぷるが好きな方は大さじ2)
生姜のすりおろし
少々〜お好みで
自然塩
ひとつまみ
好みでシナモンや、クローブ、アニスなど。
少々
【注】片栗粉はじゃがいもでんぷんなので、体を冷やしてしまいます。このレシピには代用できません。
-
好みではちみつ
好みの甘さに。

1

りんごをすりおろし小鍋に入れる。または水とミキサーにかけて小鍋に移す。
りんごジュースを使う場合は、水を足さなくてOK。

2

材料を鍋にすべて入れ、くず粉のダマがなくなるまで混ぜてから、火にかける。
混ぜる前に火にかけるとダマになるので注意。

3

写真

弱火で混ぜながら温める。
とろみがついて透明感が出てきたら完成。好みでハチミツ少々を。
飲んだ後はずっとお腹がぽかぽか!

4

写真

くず粉はオーサワの九州産本葛粉を使っています。
子供が発熱して食欲がない時に食べさせたり、離乳食としても最適。

5

大人は暴飲暴食が続き胃腸が疲れた時に、これを食事代わりにして内臓を休ませても。1食抜くだけでかなりプチ断食効果あります。

コツ・ポイント

りんごは生よりも、加熱するとデトックス作用のペクチンの吸収率が格段にアップ。
アップルペクチンは食べ過ぎた添加物や化学物質の解毒、アトピーの改善にも効果があります。
体を芯から温め、胃腸の調子を整える漢方「葛」。必ず葛粉を使用してください。

このレシピの生い立ち

昔ながらのお婆ちゃんの薬箱「りんごのくず練り」は、体を温める和風アップルサイダー。

体温が1度上がると免疫力は5〜6倍に上がり、逆に体温が1度下がると免疫力はガクンと下がるそうです。

冬はこんな昔からのホットスムージーで免疫力上げよう。
レシピID : 2965247 公開日 : 15/01/15 更新日 : 16/01/26

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

22 (21人)

17/03/02

写真

体ポカポカ。胃腸が疲れたので頂きましたありがとうございます。

クック3H1OZC☆

17/02/01

写真

リピです(*^^*)少食にして養生したいけど授乳中で空腹です〜笑

snow012

17/01/31

写真

熱いのをフゥフゥいただきました。早く風邪が治りますように!

snow012

17/01/15

写真

葛ってこんなに身体が温まるのですね!美味しいし、また作ります。

モウ助

1 2 3 4 5