アンコウのブイヤベース

アンコウのブイヤベース
大切なお客様のお誕生日会にて「ビストロ フー」が出したアンコウのブイヤベース。あたたかいお料理に、お客様が感激した一品

材料 (3~4人分)

あんこう(切り身)
1パック(400g)
有頭エビ
4尾
あさり
200~230g
粗塩
小さじ1
トマト缶(ホール)
1/2缶分
500ml
1瓶(0.4g)
あればタイム(乾燥)
小さじ1/4
あればローズマリー
1/3枝分くらい
玉ねぎ
1/2個分
長ネギ
1/2本分
セロリの茎
1/2本分
人参
1/3本分

1

写真

あさりは塩分3%の塩水に2時間ほどつけて砂をはかせておきます。
※砂をはかせた後は流水でゴシゴシ洗って水気を切る

2

写真

分量の水にサフランをつけておく

3

写真

エビは殻の背の間に竹串を入れ、背ワタを引き抜く。
流水で洗ってペーパータオルで水気を拭きとっておく

4

写真

アンコウは熱湯をかけて臭みを取り、ペパータオルで水気をふきとっておく

※このひと手間はとっても大切!

5

写真

野菜はすべてみじん切りにします。

6

写真

鍋を火にかけオリーブオイルとニンニクを入れて火にかけます

※弱めの中火

7

写真

ニンニクの香りが立ってきたら、⑤の野菜を入れてよく炒めます。

※野菜の粘り気が出るくらいまでしっかり炒める

8

写真

トマト缶を加え、トマトを崩すようにしながら炒める。
ローリエも加える。

中火

9

写真

白ワインを加え、グツグツしたら②のサフラン水も加える

10

写真

アンコウとエビも加える

11

写真

ローズマリー・タイム・粗塩を加え、アクを取りながら弱火でコトコト30分ほど煮込む



12

写真

あさりを加え、蓋をして貝が開くまで煮込む

※8~10分位で貝が開きます(目安)

※ムール貝が手に入ればより本格的に

13

写真

出来上がり!

※味見をして足りなければ粗塩で調える

14

写真

お皿に盛って、あればイタリアンパセリなどを散らしてどうぞ。

コツ・ポイント

味付けは粗塩のみです
粗塩ではなく普通の塩を使う場合は味見をして分量の調整を(少なめにした方が良いと思います)
ローズマリーはフレッシュのものがなければ乾燥のタイプで
なくても出来ますがタイムやローズマリーを加えると一層コクと風味が増します

このレシピの生い立ち

ドラマに出てくるメニューをイメージして、レシピエールのHIROマンマさんが、家庭で再現できるようにアレンジしてご紹介しています
レシピID : 2990916 公開日 : 15/02/05 更新日 : 15/02/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

15/05/11

写真

アンコウだけだし、セロリなくて、辛み大根でしたが、大ヒットでした

hisacobu

15/02/16

First tsukurepo mark
写真

あんこうは高かったのでタラで代用。海鮮の旨みも出てて絶品でした。

花嫁修行中