油揚げの袋焼き

おいしい油揚げを買ってきたら、まずこれ、であります。
カリッと焼けた油揚げを最初にかじった時が好き。やっぱりおいしいな~。

材料 (2人分)

油揚げ
2枚
ねぎ
(刻んで)大さじ山盛り8位
かつお節
適宜(1パック~)
しょうゆ
適宜

1

油揚げは半分に切り、中を開く。
ボウルに刻んだねぎとかつお節を入れ、混ぜ合わせ、しょうゆを回しかける。

2

油揚げの中にねぎとかつお節の合わせたものを詰め、口を楊枝でとめる。

3

フライパンに油を少々塗って(テフロン加工ならなくても)両面をこんがりと焼く。
熱いところを食べましょう。
好みで七味、大根おろしを添えて。

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

レシピID : 30372 公開日 : 01/09/24 更新日 : 05/04/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
こゝろ 2001年10月11日 12:08
スイス、いいなぁ!退屈じゃなくて、のんびりっていうのも好きな感じ。観光名所満載の地って、「来たからには見ておかないと!」って焦燥に駆り立てられる部分があってパワーない時には疲れてしまったりするし。。。別段何があるというわけではなく、景色が綺麗でボーッとするってのはいいよね。そういう時間って後々ずっと自分の中に残るよね。乳製品も魅力やわぁ。チーズフォンデュ食べたいー!
思えば山が綺麗なところって私は行ったことない気がする。リゾートだと海って感じになってるからかなぁ。no-boさん、海っ子(というか紺碧のしなやかな水平線ってイメージ、かな?no-boさんて)なんだね~。そういや自己紹介にも「犬好き、海好き、海育ち」って書いてはるもんね。

気付けば旅行まであと一週間ちょい。やっと「こんにちは」「ありがとう」だけフランス語達人になった私。一人の時はなりきり!で言えるけど実際は照れて言えなかったりして?
no-bo 2001年10月11日 21:47
旅行までもう一週間くらいになったんだね。早いね~。ニューカレではきっとのんびり出来るんじゃない?そしてちょっとフランス語を頑張っているのを見せてみたりして。(笑)
お食事はどんなものに出会えるのかな~。興味津々です。旅の準備は万全?なんて旅慣れているこヽろさんだもの、そんなの直前でいいよね?

そうそう、チーズフォンデュ、一度だけ食べたの。それもトマト入りというものがあったので、これを選んでみたら、一緒にトマトもチーズのとろけた中に入っていたの。そのトマトの酸味が爽やかで重さが全然なく、さらりと食べれてしまいました。ふかした皮付きの小芋も出てきてこれを絡めて食べるのもなかなかでした。

まだ行ってないんだけど、スウェーデンは行きたいの。北欧のセンスってステキ。家具やお皿なんか見ていると、シンプルで洗練されているなぁって思うの。冬にコペンハーゲン経由でパリに行ったので、帰りにトランジットついでに
寄ってきたんだけど、かわいらしくてきれいな街でした。でも-10℃とかで、30分も外歩いているともう顔が固まっちゃう。にやけた顔のままでまみむめもが言えなくなったりして。建物に入ったときは溶けていく感じ。でも街の人は意外と薄着でへっちゃらなのよねぇ。ここでも
そんな家具、雑貨を見てたら欲しくなっちゃって大変。もうトランクに隙間ははありません、ということで、泣き泣き諦め、よし、新居になったら揃えにこよう、と心に決めてみたのでした。(笑)そんなわけで、またこっちの方には行きたいのです。ストックホルムに行った友人はお料理もお皿の上でデザインされていてきれいだったって言っていたので(もちろんお味もよろしくて)、ちゃんとこの目で確かめなきゃと思っていまス。ああ、こんな話ばかりでホントに行きたくなってきた!
こゝろ 2001年10月12日 10:44
スウェーデンの家具って憧れだよねぇ。お皿なんかも素敵なんだぁ。そういうのを揃えることができたら冬が寒くて家の中に閉じこもりきりでもウキウキしてきそう~。私も新居になる前に行ってみたいな。殆ど荷物持たずにガラガラのトランク持ってってもパンパンになっちゃいそうだね。雑貨って必要なくても次々欲しくなるし~。

旅行の準備、全然進んでないの。
今まで貧乏旅行ばっかで、ジーンズに鞄は斜め掛け(しかも10年前に購入)というスタイルだったの。日本で張り切ってお洒落してても海外じゃねぇ、防犯一番だし、リラックスしたいし・・・と言い訳してね。どうせ今回も一番の楽しみは朝市やスーパーマーケットだからそれでもいいんだけど、初めて星が並ぶホテルにしたから、少しはまともな格好しないと入れないと思って。で、こないだ洋服買う為に出かけたのはいいけど結局新しいジーンズを買っただけ。まー、いいの。そうだよね、用意は直前になったら出来るもんだよね?でも新聞止めたり、毎月送ってもらってるワインの配達日を指定したりするのが面倒。冷蔵庫も掃除しておかなきゃだし。わ~、いつもこれが面倒。

ニューカレでの食事はno-boさんが「懐かしい!」と叫ばはるようなものを頂くつもり。朝食は柔らかい湯気のカフェ・オ・レに大好物のクロックムッシュ、そして隣りのテーブルのおばさまとお洒落な会話をフランス語で・・・と夢は膨らむけど現実がついていかない~!
no-bo 2001年10月13日 09:44
わ~ワインのお届け頼んでいるんだね。(とこの話題に飛びついちゃった!?)お気に入りには出会えました?
いや、その出かける前の片付けが大変なのよね。結構計画的にやっていかないとね。私の一人暮らしのときの備え付け冷蔵庫はホントに小さかったので、作って冷凍しておくことが出来なかったのが不便だったな。うまく使いきっていけてると、よし!なんて嬉しくなったりしていました。郵便物とかはどうしていますか?
日本も物騒だから気を付けないといけないよね。
ジーンズを買っちゃったっていうの、それ、私もあるのよ!結局そこに行き着いて(?)気持ちおさまっちゃうようなまだ欲しいような。

夢のような(??)話ができるってことはある意味幸せなことよね。夢を思いつづければいつかは果たせると思って頑張ろうっと。
で、私はいずれの旅用にお皿が割れないようにパチパチ(なんていうの?)はちょっとづつ取っているのです。・・・でもあんまりかさばらせると入るものも入らないよね。

朝市、どんなものがあるのかな。ニューカレを
全然知らない私としてはすごく気になります。
島だし、なんて関係ないのかな。
こゝろ 2001年10月15日 09:35
地球の歩き方によるとね、朝市でその場で食べられるものとしてオススメはベトナム風春巻き・ネムなんだって!そう、no-boさんのレシピにもあるよね。私の大好物・・・しかも自分では失敗続きのシロモノだから絶対食べたいな~。でも朝市は凄く朝早いようで(当然すぎる?)5時からスタートなんだって。パリでもそんな感じ?起きられないよ~。でも早く行かないと美味しいものはあっという間になくなってしまうらしいし。

ワインの頒布会は毎月の大きな楽しみなの。フランス、イタリア、チーズ付きフランス、の3つに申し込んでて、一番のお気に入りは勿論チーズ付きフランス。私はチーズとワインで生きていける(←ホント・・・?)と豪語してるほどチーズ好き&ワイン好きなの。フランス料理食べに行ったら最後にチーズのワゴンサービスってあるじゃない?どれにしようか迷いに迷って結局小声で「・・・全部お願いします」と恥ずかしいリクエストしたりする(笑)。

これから4日間は考え抜いた献立しないと「冷蔵庫片づけ計画」が進まない。。。一応卵だけは使い切るように計算したよ、ってこんな簡単なことしかまだしていない~!(何もしていないのと一緒!)郵便物はいつも放置状態・・・。大丈夫、かな。。。
no-bo 2001年10月16日 10:59
5時ー!!?それ、凄い早いよ~。日が昇るのが早いとか?パリのはのんびりしてたらいけないけれど、8時くらいに行くとだいたいそれぞれの市が開いているかな。人も9時にかけて集まってくる頃。市場も場所によって多少の違いはあると思うんだけどね。私は冬の寒ーいときに早起きしてメトロ乗ってちょっと離れた大きなマルシェに行ったの。首にはぐるぐる巻きにマフラーをしてね。赤ほっぺに赤い鼻。市場のおっちゃんたちもそう言えばこんなだなぁ。
でもそこで出来立てのパンとかかって端っこかじりながらひとまず周ってきて、さあ、お買い物っていうの、日常のことでもなんか贅沢に思うの。きっとニューカレのマルシェは一味違った面白いものにも出会えるんじゃないかな?私はよく飛行機のナイフやフォークなどを持ってきて買った果物や野菜を切って食べたりしているんだけど・・・・。(スチュワーデスさんのお姉さんを持つこヽろさんに言うのはちょっと心が痛むのですが。。)

そんなにチーズが好きなら、もうフランスに行くべき!おいしいチーズ(乳製品)屋さんにすぐにでも引っ張って行きたい気分になっちゃったよー。安いしおいしいし。ワインと、パンも一緒に。これからの人生捨てたもんじゃない、って!?お楽しみは沢山転がってるねー。あ、ドイツでよく食べられるチーズも(オランダ産が多いのかな?)結構好きなんだ。こちらはクセはないハード系が多いと思うけど、あのドイツのパンと一緒に食べるが好きなの~。(半ば興奮気味の私)
それにしてもワインとチーズのセットなんて、お家の食卓がますます楽しくなるね。羨ましい!来月はボージョレがやって来るけれど、これも飲めるの??
でもボージョレは是非向こうで沢山飲んでね。だってお高いワインじゃないし、安くておいしいの、ゴロゴロ売ってるんだよ。(笑)
こゝろ 2001年10月17日 11:01
やはりワイン&チーズ好きとしてはフランスに行くべきだよね。no-boさん、私をチーズ屋さんに引っ張ってってー!やっぱり安くて美味しいんだね~。実は私の愛読書(?)は「チーズ図鑑」。毎月チーズが届く度にじっくり読みながら食べてる、というオタッキーな私なの。ボージョレって毎年この季節になると「飲んだ?」って話題になるよね。そういや来月だね。・・・でも、フランスじゃゴロゴロ売ってるのかぁ。やっぱり行かなきゃー!ニューカレのワインはフランスから運んでるのが殆どらしいけど、日本で飲むよりは安くて状態もいいのかな?チェックしてくるね。

飛行機のナイフ&フォークっていい考えだね。私はいつも日本からお箸と合わせて3点セットで持っていくという荷物になることをしていたから、今度からそうしよう。でもってグルグルマフラーでパンを囓りながらマルシェで買い物・・・ってすっごくno-boさんっぽいお洒落な図!そうそう、私はそういうことがしたいのよー!(←また勝手に夢は膨らんでるけど)今までみたいに値切りまくってるだけじゃあ、とてもじゃないけど絵にもならないから、今回こそは、、、。のんびり気分に余裕を持って、新鮮な食材を前にあれこれ悩むのって本当に贅沢な時間だよね。うん、何だかやっとニューカレに行く実感が湧いてきたよ!
no-bo 2001年10月17日 22:01
もうすぐになってきたね。実感が湧いてきたっていうこヽろさんのを読んでいたら、何だか私まで楽しみになってきているの。空気も景色も良くて、開放的になりそう!(おっとスリには気を付けて。この開放的がアブナイのよね。)空気がおいしいと食べ物も本当においしいくお腹に入っていくのよね。ん~気持ちイイ~!って伸びをしたいな。

それにしてもどうしてこヽろさんはフランスに住んでないの?なんて聞いてみたくなるくらいで面白いよ。(笑)私が案内どころか連れ回しちゃったらヘトヘトになったりして。でもそのくらいお店まわってお家でご飯、したいよねぇ。私もそこまで徹底したことは出来なかったから、もっとご気楽気分でやってみたいなぁ。
マルシェの図、そうかー、お洒落な図にもなるんだけど、かじったパンの粉をマフラーにつけてたり、口に食べ跡が残っていたりで結構ドジな図もくっついてるのよ。でもどうでもいい格好していってるから、いいんだー。パリの冬はそれはそれは薄暗くて太陽はあまり顔を出してくれないし寒いのだけど(これに絶えられないって言う人も結構います)、そんな寒さの中だからこそおいしいと感じられるものってある気がするの。欲目ってことではなくて、気候や風土の違いで人の感じ方って随分変わってくるしね。日本ではあまり食べなかったチョコレートも向こうで私なりに味わうようになったというのもその一つかなの。こっちにいるときは「輸入チョコレート」はちょっとモノによってクドさを感じていたのにね。こヽろさんも今まで訪れたところでそういうことってなかった?
こゝろ 2001年10月18日 09:59
私はコーヒーが苦手だったんだけどね、アメリカでは大抵何処でもレストラン入ったら「コーヒー飲むよね?」と店の人に当然のように注がれてしまうから(高級なとこではそんなことないけど)飲むようになったかな。最初は「いらないよ~」って思ってたんだけど、陽気に大声で話し合ってるアメリカ人の中にいると、特大のハンバーガー食べながら何倍も薄いコーヒーをおかわりして飲むっていうのが気持ちにピッタリくる雰囲気だったんだよね。思うように英語が話せなくて悩んだ時もコーヒーを飲めば涙も止まって、その瞬間に「コーヒーって温かくて美味しいな」って心底思えたり。
でも日本に戻ってきたらやっぱり駄目なの。コーヒーは飲むけど、もうアメリカンは飲めない(笑)。あの国で飲むからこその美味しさ、なんだよね、私の中では。

いよいよ明日は関空に向けて出発。関空近くで一泊して明後日に日本脱出。今日はこれから掃除と荷造り(←やっぱりまだやっていなかった・・・?!)しなきゃね。関空までの長いドライブも好きなんだけど、泊まる予定のホテルの近くにある小料理屋さんがお気に入りなの。旅行に行く時くらいしか立ち寄る機会もないから、そのお店で食事するのも楽しみ。旅行は荷造りなんかは面倒だけど、出発しちゃったら楽しいことだらけだよね!

スリには気をつけるね!ニューカレは手持ちの金額の一部だけを取るっていう知能犯(?)がいるみたいだし。

それじゃあ、行ってきま~す!
no-bo 2001年10月18日 15:12
Bon voyage !!