アカベラの素揚げ

アカベラの素揚げ
背中を開いて揚げるだけ!
外はサクサク、中はフワフワ!
アカベラ(キュウセン)の素揚げ!

材料 (1~3人分)

アカベラ(キュウセン)
3尾
サラダ油(揚げ用)
適量
少々

1

アカベラはウロコを取り、内臓を抜く。
背中から背骨沿いに包丁を入れ左右の身を中骨から切り開き、水気を拭き取る。

2

170℃くらいに熱した油で揚げる。
キツネ色になり、箸で触ってサクサクになれば出来上がり。
お好みで塩を振って食べる。

3

☆2015.9.6「ベラ」の人気検索で1位になりました。

コツ・ポイント

よく揚げれば頭から丸ごと食べられます。
開くことで火の通りを良くするだけなので、上手に開けなくても問題ありません。

このレシピの生い立ち

浜の母ちゃん直伝!
今回は明石では昔からよく食べられるベラ(キュウセン)。
色が派手で大きなアオベラ(オス)は刺身や塩焼き、南蛮漬けで。
茶色で小さなアカベラ(メス)は丸ごと素揚げで。
カラッと揚げて塩をひとつまみだけかけてどうぞ!
レシピID : 3082652 公開日 : 15/03/23 更新日 : 15/12/02

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」