本格*海老のトマトクリームリゾット

本格*海老のトマトクリームリゾット

Description

アルデンテのお米とトマトクリームのコラボが絶品です♡
レシピは海老ですがお好きな具材でもどうぞ^^
簡単ですが本格的…

材料 (2人分)

ニンニク(粗微塵切り)...A
1~2欠片(国産普通サイズ)
オリーブオイル...A
30cc
玉ねぎ(粗微塵切り)
1/2個(中サイズ)
生米(洗わないで使用)
1合
トマト水煮缶(ダイス)
1/2缶(通常の400gの缶)
パセリ類(ドライ又はフレッシュ/無でもOK)...B
適量
生クリーム(牛乳+バター10gでもOK)...B
40cc
黒コショウ
適量
塩コショウ
適量
リゾット用海老のスープ(他の具材の場合は工程(11)参照)
海老(殻付/8~10cm位の物)
6~8尾
700cc
オリーブオイル...★
30cc
1.2~1.3個(私は1.2個)
塩コショウ
適量

作り方

1

写真

【リゾット用海老のスープ】を作ります。
《海老》は洗って殻を剥いて背ワタを取っておく。
そして半分の大きさに切ります。

2

写真

ザルにキッチンペーパーを敷いて、ボールにセットしておく。

3

写真

鍋に《水/700cc》を沸かす。
沸騰したら《(1)で取り除いた殻》を入れます。
火加減は《中火》にして下さい。

4

写真

(3)がブクブクと再沸騰してきたら《弱火》にする。
そのまま《5分》灰汁を採りながら煮出します。

5

写真

(4)を(2)に入れてサッと濾す。
『簡易海老出汁』が出来ました^^

6

写真

(5)のボールに溜まった『簡易出汁』を計量カップで量って『600cc』にする。
もし足りない場合は『水』を足して下さい。

7

写真

別の鍋に《オリーブオイル★》を入れて《中火》にかける。
そこへ《(1)の殻を剥いた海老》を入れて軽く《塩コショウ》をする

8

写真

《(7)のエビ》の周りが薄く色付いて来たら《白ワイン》を入れる。
《20~30秒》そのままでアルコール分を飛ばします。

9

写真

(8)に(6)を全て入れて沸騰したら《弱火》にする。
《海老》を網etc.で別の器に取り出します。

10

写真

海老を取り除いた後の鍋に《コンソメキューブ》入れる。
簡単に《コンソメキューブ》を潰して《極弱火》で待機させておきます。

11

写真

【補足/他の具材を使用する場合のスープ】
ID2783407の《工程(1)(25)》を参考に作って下さい。

12

出汁をとる必要もなく『コンソメのみ』でとても簡単です。
*《蟹缶》使用の場合は『コンソメ1.2~1.3個』でOKです。

13

写真

ここから【リゾット】を炊きます。
冷たいフライパンに《材料A》を入れて《弱火》でじっくりニンニクの香りをオイルに移す。

14

写真

《(13)のニンニク》がややフツフツとしてきたら《鷹の爪》を入れる。

15

写真

【補足/他の具材を使用する場合】
《ベーコン/チキン/etc.》を具材にする場合はID2783407を参考にして下さい。

16

《工程(3)~》具材を入れるタイミング等を書かせて頂いています。

17

写真

《(14)のニンニク》が若干色付いてきたら《玉葱》を入れて軽く《塩コショウ》を振る
*火加減は《弱めの中火》にして下さい

18

写真

《(17)の玉葱》が透き通ってきたら《生米》を入れる。

19

写真

(18)で《生米》を入れたら《お米をオイルでコーティングする感覚》でしっかり炒める
*焦がさない様に気をつけて下さい

20

写真

(19)のお米全体がしっかり熱くなった事を確認したら《カットトマト》を汁ごと入れて全体を炒め馴染ませる。

21

写真

(20)に《(10)又は(11)の熱いスープ》をヒタヒタ位まで入れる。
*火加減は《そのまま又は中火》にして下さい。

22

ここから《生米》を炊いていきます。
*タイマーを『15分』にセットして下さい。

23

【補足】
《工程(21)~炊き上がるまで》は中を混ぜたりいじったりなるべくしないで下さい。
*お米の粘りが出てしまいます

24

焦がすのはNGですが、レシピ通りで焦げる事はまず無いと思います。
もし気になる場合は、フライパンを揺する様にして下さい。

25

写真

(21)の水位が少し下がったら《熱い(10)又は(11)》を再びヒタヒタ位の高さまで入れて同様にする。

26

工程(21)と(25)を『お米がアルデンテ(少し芯がある)に炊き上がるまで』繰り返します。

27

写真

炊き上がり迄の時間は《工程(21)から15〜17分》です。
熱いスープを毎回《お玉2杯位》ずつ入れながら炊き上げます。

28

写真

《工程(21)》から15分経過したら《(9)の器の海老》を底に溜まった汁ごと全て入れる。

29

写真

(28)から2分経過したら『炊き具合』をチェックする。
『好みのアルデンテの一歩手前』なら《材料B》を入れて火を止めます

30

(29)でまだ早い様ならもう少し炊いて、『1分毎』にチェックをして下さい。

31

写真

(29)を優しくサッと混ぜて、必要なら《塩コショウ》で味を調えます。
器に盛って《黒コショウ》を挽いて出来上がりです^^

32

写真

海老のエキスがプラスされたトマトクリームはとっても美味しい^^
アルデンテのお米と相性抜群です♡

33

写真

鷹の爪のピリッもアクセントとなって私大好きです♡
プリッとした海老は勿論美味ですが、お好きな具材で是非どうぞ…

34

写真

こちらは同じ大きさの海老をカットせずにそのまま使用しました。
工程は全く同じです。
お好みで…^^

35

【全体の注意点】
(10)は必ず《とろ火》にかけて《工程(21)より常にフライパンの中は沸騰した状態》を保って下さい。

36

《工程(10)のスープ》は全て使用するとは限りません。
《火加減/仕上がりの好み》によって余る場合もあります。

37

逆に《お米がいい状態に炊ける前にスープが無くなる場》は、全体に《火加減が強過ぎ》かと思います。

38

写真

ID2175678は『トマトベースのあさりのリゾット』です。
《仕上がりの汁感の有無の炊き分け方》も記載しています。

39

写真

ID2183995は『ポルチー二のクリームリゾット』です。
こちらも私が大好きなリゾットでお奨めです♡

コツ・ポイント

記載している事が全てでとっても簡単ですが...
*《補足/注意点》には注意して下さい。
*きっちりアルデンテに炊き上がる為に、タイマーをセットする事をお奨めします。
*フライパンは焦げにくい物を使用して下さい。

このレシピの生い立ち

リゾット大好きなので、定番から思いつきまで色々作ってます^^
ウチの定番中の定番リゾットの1つですが…
周りで好評な物を、時間がある時に少しずつアップさせて頂いています。
レシピID : 3132342 公開日 : 15/04/23 更新日 : 16/05/28

このレシピの作者

大阪中央区より東京某区に来て夫婦2人楽しく生活しています。
キッチンに引きこもる事とDeベイスターズが生き甲斐のアホです><
大阪では自宅で教室を開いてましたが、今は料理教室に関する様々な仕事をしています♡
宜しくお願いいたします^^
*マカロンをはじめ、私のレシピでご質問があればレポにて教えて下さい。
私の範囲で日記にてお応えさせて頂きます
*アンチョビ同盟/№15
*カッチョエエハード焼き隊

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

8 (8人)

16/02/18

写真

とっても美味しかった❤️エビうまっ!色々作ってみたい!

海の星プリン

器も素敵でリストランテの様ですね♡うん②嬉〜^^いつも有難う

15/12/24

写真

きようのクリスマスごはんはai✼さまレシピです♡本格的なお味♡♡

あやぽむCafé♡♡

新年おめでとうございます新お名前素敵♡Xmasに感激有難う涙

15/11/15

写真

海老出汁の取り方が天才過ぎます!今日もお世話になりました大感謝♡

HIRABAMI

美器に素敵なR映えますね♡滅相もないです汗いつも嬉過有難う涙

15/07/28

写真

ai©レシピいい感じのアルデンテになるの♡海老旨味たっぷり凄美味

まんまるたまご

何て素敵♡たまごⓒが丁寧に作って下さるからよ〜いつも有難う涙