かにめし~鳥取県の郷土料理~

かにめし~鳥取県の郷土料理~
鳥取の冬の味覚「カニ」を使った郷土料理。
カニの漁獲量日本一の鳥取だからこそ生まれたごちそうです。

材料 (4人分)

3合
親がに
1枚(小型なら2枚)
大さじ2
大さじ2
大さじ2
少々

1

写真

親がにを茹で外子、内子、身を出す。

2

炊飯器に米と調味料を入れ通常の水加減で米を炊く。

3

写真

2に1を混ぜる。

4

【親がにの茹で方】水洗いし、カニがしっかり浸かる量の塩水(海水程度)を沸騰させカニを裏向きに入れ再沸騰で12分~15分。

コツ・ポイント

【外子、内子、身の外し方】
外子は甲羅からはずしスプーンでかき出す。内子は、甲羅を下にし腹中央に包丁を入れ、足を片方ずつ真半分に甲羅から切り離し取り出す。カニ身は付け根をまっすぐ切り、指先の関節を外側に折って抜き、すりこぎで身を押し出す。

このレシピの生い立ち

鳥取県ではズワイガニの雌を「親がに」と呼びます。価格も安価な庶民の味方「親がに」を使ったカニ漁港の町の冬ごはん「かにめし」をご賞味ください。
(レシピ提供:鳥取県漁協網代港支所女性部)
レシピID : 3136186 公開日 : 15/07/30 更新日 : 15/07/30

このレシピの作者

鳥取県は海・山・里の豊かな自然環境に恵まれ、素晴らしい食材が数多く生み出されています。その素晴らしい地域の食資源をアピールするとともに、食を通じて県民皆さんの誇りと地域への愛着を醸成することを目的に、鳥取県では平成19年から「食のみやこ鳥取県」をかかげ「食」をキーワードとした県政を進めています。
http://www.pref.tottori.lg.jp/syokunomiyako/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

15/12/17

First tsukurepo mark
写真

頑張ったかいがありました‼︎旨味たっぷりで本当にご馳走ですね♡♡

のりこ523