南部鉄鍋の蓋で魚焼きグリルでピザを焼く

南部鉄鍋の蓋で魚焼きグリルでピザを焼く

Description

南部鉄鍋のパン焼き器の蓋が20cmのスキレットっぽかったので魚焼きグリルに入れてピザ焼いてみました。

材料

ピザ生地
HBで5分割したもの
ピザソース
適宜
モッツァレラチーズ
好きなだけ
バジルソース
適宜

作り方

1

写真

パン用の南部鉄鍋。池永鉄工の「ママの手作りパン屋さん」

2

写真

普段は左の陶器のスキレットで魚焼きグリルピザを焼いてますが、同じ大きさだったので

3

写真

グリルに入れてみたらいい感じ。

4

写真

冷凍保存してたレーズン酵母のパン生地と冷凍保存してたバジルソース、特売¥108のチーズとソースで

5

写真

スキレットに薄くショートニング塗って生地伸ばして、強火2、3分で焼く。

6

写真

お好みの具をトッピング。本日は田中義剛の「花畑牧場「のモッツァレラ¥108。同じタイミングで魚焼きグリルも強火余熱する

7

写真

魚焼きグリルに入れ、3分弱でまるで石釜で焼いたようなピザが完成!!

コツ・ポイント

魚焼きグリルは高温になるのですぐ焼けるので焦げに注意!

このレシピの生い立ち

オーブンだと余熱に20分とかかかるけど、魚焼きグリルなら10分かからずに石釜いらずで美味しいピザが焼けます。鉄製のグリルパンだとパリッと焼けます。パン焼き器としてだけではなくもっと活用する方法を思いついたので。
レシピID : 3139594 公開日 : 15/04/24 更新日 : 15/04/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」