アイゴのつみれ汁

アイゴのつみれ汁
一般に敬遠されがちなアイゴですが適切に処理すれば美味しく食べられます。
ここでは生姜とネギを利かせたつみれ汁に♪

材料 (4~5人分)

アイゴ(柵)
1尾分
少々
ねぎ(みじん切り)
少量
かつおだし汁
3カップ
小さじ2

1

写真

2

アイゴの柵を細かくたたいて塩をふり、生姜、ねぎを練り込む。
さらにパン粉を練り込んでひと口大のつみれを作る。

3

鍋にだし汁を入れて加熱し、煮立ってきたら中火にしてつみれを入れる。

4

3~4分してつみれに火が通ったら薄口醤油を加えてサッと混ぜ、ネギを散らして出来上がり。

コツ・ポイント

アイゴの背鰭、腹鰭、尻鰭の棘には猛毒があり、刺されると激しく痛みます。
この毒はアイゴが死んでもなくならないため、締めた後でも刺されないよう注意が必要です。
もし誤って刺されてしまった時はすぐに医師の治療を受けましょう!

このレシピの生い立ち

棘の毒と内臓のにおいのためか、一般になかなか出回らないアイゴですが適切に処理をすれば美味しく食べられるきれいな白身の魚です。
刺身のほか、カルパッチョ、ムニエル、フライなどでも美味しく食べられます♪
レシピID : 3161166 公開日 : 15/05/09 更新日 : 16/05/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」