京都のおばんざい★わが家風①『鯛の子のたいたん』

京都には『おばんざい』と呼ばれる、いわゆる家庭料理があります。食卓におばんざいが一品あるとほっとするのも昔から伝えられた『わが家の味』だからでしょうね・・・。

材料 (2~3人分)

鯛の子
4~5腹
鍋底に5ミリくらい
砂糖
大さじ2(甘味が好きな方はお好みで)
大さじ2

1

鯛の子を一口大の大きさに切っておく。

2

小鍋に、酒を煮立て、砂糖、濃い口醤油を加える。沸騰している中に1を入れ、花が開いたようになれば火を弱火中火に落として味をしみこませる。

3

味がしみたら火を消し、鍋に入れたまま冷ます。(よく味がなじみます。)

小鉢などに盛り付けて召し上がれ。

コツ・ポイント

お酒のあてにもいいですよ。

このレシピの生い立ち

それぞれの家庭に代々伝わる味。だから、伝統であり、新しくもあると思っています。母に感謝。
レシピID : 31730 公開日 : 01/10/11 更新日 : 04/09/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

13/05/17

First tsukurepo mark
写真

鍋のままで泣地元が懐かしくなりました。 素敵なレシピありがとう!

ari522♪