【農山漁村の宝】田舎ずし

【農山漁村の宝】田舎ずし
100年先の子供たちに伝える邑南町の食文化、日貫の田舎ずし(角ずし)のご紹介です!(農林水産省)

材料 (40~45個分)

具材
 しいたけ
90g
 ごぼう
190g
 にんじん
130g
 角天
90g
 金時豆
170g
だし作り
 水
300cc
 粉末和風だし
10g
 しょう油
60㏄
 砂糖
50g
10㏄
合わせ酢(酢5合分)
 酢
900ml
 砂糖
500g
 塩
25g
米1升の場合
 米
1升
 水
1.8ℓ~1.95ℓ
 塩
20g
すし飯の作り方(炊きあがったご飯1升に対して)
 砂糖
150g
かざり
 ゆず
適量
適量
 桜エビ
適量

1

米は洗って分量の水・塩を入れて炊く。

2

ごぼうは小さめのささがき、しいたけ、人参、角天は3~5㎜角に切っておく。

3

鍋に水とだしを入れ、ごぼう、しいたけを中火ひと煮して砂糖、しょう油を加えてさらに煮る。

4

人参、角天を入れ、みりんを入れてひと煮し、最後に合わせ酢を入れて仕上げる。

5

炊きあがったご飯1升に対して砂糖150g、合わせ酢220gを入れて混ぜすし飯を作る。

6

すし飯に具と金時豆を中に入れ、おにぎりを作るように軽くまとめ、角ずしの型に入れ押し出す。

7

上にゆず、パセリ、桜エビを飾る。

コツ・ポイント

炊きあがったご飯に、直接砂糖を加えることで、ご飯が固くなるのを防ぎます。

このレシピの生い立ち

本レシピは、「ディスカバー農山漁村の宝」に選定された嶋根県の一般社団法人 邑南町観光協会において、考案されたレシピです。http://www.maff.go.jp/j/nousin/kouryu/discover.html
レシピID : 3175684 公開日 : 15/05/25 更新日 : 18/03/03

このレシピの作者

農林水産省では、食料の安定供給、農山漁村や食品産業の振興など、多岐にわたる業務に取り組んでいます。公式キッチンでは、旬や話題の食材を使用したレシピや地方に伝わる郷土料理などを掲載していきます。皆さまの「食」に関する新たな発見に繋がれば幸いです。

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」