ヨーグルトメーカーで★本格手作り納豆★

ヨーグルトメーカーで★本格手作り納豆★
稲わらとヨーグルトメーカーがあれば、昔ながらの納豆が簡単に手作りできます♪本格的な納豆を召し上がりたい方はぜひお試しを!

材料 (300g程度)

乾燥大豆
150g
稲わら
適量(2の画像をご参照下さい)

1

写真

大豆はよく洗って4倍ほどの容積の水に1晩漬けます。画像は吸水後の状態です。

2

写真

稲わらの茎の部分を8cmほどの長さに切ります。

3

写真

1の大豆を親指と小指で簡単につぶせる程度の固さまで蒸します。140kpaの圧力鍋で、錘が回り始めてから15分程度です。

4

写真

3の蒸し上がりに合わせ、2の稲わらを20分あまり熱湯で煮沸します。ざるにあけ、キッチンペーパーで水分をよく拭き取ります。

5

写真

メーカーの内容器の底に稲わらを敷きます。※稲わらの下にクッキングペーパーを敷いておくと余分な水分が吸収されます。

6

写真

稲わらの上に蒸した大豆を敷きます。

7

写真

5と6を繰り返し、最後は稲わらで締めくくります。画像は横から見たものです。

8

通気性を保った状態で、45℃にセットしたヨーグルトメーカーで24時間~36時間ほど保温します。

9

写真

ヨーグルティアを使用する場合は、内蓋を外して外蓋のみをかぶせ(10に続く)

10

写真

ハンカチやクッキングペーパーで覆いをした後(11に続く)

11

写真

覆い蓋をし、8の条件下で保温します。

12

写真

24時間~36時間ほどしたら、アンモニア臭がしないうちに容器から取出し、冷蔵庫で2日ほど熟成させて出来上がり。

13

※使用後の稲わらは軽く洗って冷凍しておけば、また煮沸して使うことができます。

14

写真

熟成後の納豆です。

15

写真

しっかり糸も引きます。

16

写真

大変おいしくいただけました♪

コツ・ポイント

①稲わらを煮沸し、衛生管理と温度管理をしっかり行えば簡単です。

②「水戻しした大豆を蒸す」
→「稲わらを煮沸消毒」
→「稲わらと大豆を交互に重ねてセッティング」
→「45°Cで36時間ほど保温」
→「冷蔵庫で2日熟成」
の順です。

このレシピの生い立ち

①温度管理が非常に容易なヨーグルトメーカーを使い、稲わらで発酵させる「昔ながらの納豆」を作れないか?と考えてたどり着きました。

②我が家では、この方法で納豆作りを開始してからは、市販の納豆は購入していません。
レシピID : 3181324 公開日 : 15/05/17 更新日 : 16/12/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

3 (3人)

16/12/18

写真

ヨーグルトメーカーを買って、ミックス大豆で作りました。大成功!

しばなおママ

ミックス大豆って面白そうですね!試してみます。れぽ感謝です♪

15/12/15

写真

大成功でした。もう買わなくても済みそうです。バッチリ。

クックWVEQFS☆

ご成功おめでとうございます!買わなくてもいいのが嬉ですよね♪

15/07/25

First tsukurepo mark
写真

できました!大豆じゃないので納豆もどきな味ですが、それでも満足♪

tabi_chan

さすがですね!ひよこ豆と麦わらなんて驚きです!初れぽ感謝^^