チョコミント☆チーズケーキ

チョコミント☆チーズケーキ
ビターでクールなチョコミントのチーズケーキ!ホワイトチョコを混ぜ込んだリッチな生地にハイカカオのビターなチョコチップ☆ 甘さ控えめのクール&スイートなチーズケーキです☆

材料 (底の抜けるタイプの15cm丸型1台分)

フィラデルフィアクリームチーズ
200g
30g
加糖練乳(コンデンスミルク)
小さじ1.5
1個分
卵(L玉)
1個
ミントリキュール
大さじ1/2
あれば、ペパーミントリキュール
3~4滴
大さじ1
緑の食紅
極少量
 
クーベルチュール・ホワイトチョコレート
80g
無塩バター
20g
ミントオイル
極少量
 
オレオなどのブラックココアクッキー
60g
溶かし無塩バター
25g
 
カカオ56%~72%の間ビターチョコレート
35g

1

写真

型の側面に薄く溶かしバター(分量外)をぬり、小麦粉を薄くはたきまぶします。底には同じ大きさにカットしたクッキングペーパーをしきます。写真のように型を立てて、中心にスプーンで小麦粉を少量のせ、くるくる回しながらつけるときれいで簡単にできます。

2

写真

ココアビスケットをビニール袋などに入れ、麺棒で叩いて潰し、ころころ転がしたりしながら、むらなくさらさらと細かくなるように砕きます。

3

写真

砕いたビスケットを小さなボウルに入れて溶かしバターを加え、全体がしっとりなじむまでよく混ぜ合わせます。

4

写真

用意した型にビスケットを入れて平らにならし、固くしっかりスプーンの背などを使って押しながら敷き詰めます。ラップをして冷蔵庫で30分以上冷してから使います。作る前日に用意してもOK.

5

写真

室温にもどしてやわらかくしておいたクリームチーズをボウルに入れてゴムベラでクリーム状になるまで練ります。

6

写真

砂糖を2回に分けてすり混ぜて、加糖練乳を加えて混ぜます。次に卵黄を混ぜ、溶いた卵を3回に分けて加え、そのつどよく混ぜまわせます。

7

写真

次に生クリームを加え混ぜ、ミントリキュールと食紅(緑)を加えて混ぜます。食紅は極少量で驚くほど色が出ますので、様子を見ながら足し混ぜていきましょう。あれば、ペパーミントエッセンスをここで加えておきます。

8

写真

細かくきざんだバターとホワイトチョコを湯せんにかけて溶かします。溶けたらミントオイルを極少量加えて混ぜます。加える量はほんの1滴か2滴。フォークの先にオイルをつけて静かにたらします。味を見てチョコミントアイスくらいの爽快感があればOK.

9

写真

ボウルの生地にコーンスターチを加えて混ぜ、溶かしたミントホワイトチョコを加えて手早く混ぜ合わせます。最後に細かく刻んだビターチョコを加えてさっと混ぜ合わせ、冷蔵庫から出してきた型に流しいれます。

10

写真

天板の中央に耐熱可能な型がすっぽり入るくらいのお皿をおいてその上に型乗せ、皿に入らないように気をつけて、天板に熱湯をたっぷり注ぎます。190度に温めて予熱したオーブンに入れて、190度で12分、その後170度に下げて42~45分蒸し焼きに。

11

写真

途中、焦げ目がつきすぎるようなら、ラスト10分の時に上からクッキングシートをかぶせるとよいでしょう。焼きあがったら型のまま粗熱を取り、冷蔵庫に入れて半日~一晩ねかせて完成です。パレットナイフ等で1周させ、底を抜いて取り出します。

12

写真

蒸し焼きにしているので、やわらかな食感のマイルドな仕上がりに。下のビスケット生地もカリカリのままですのでご心配なく! ホワイトチョコとクリームチーズが溶け合った、コクのあるマイルドな生地をミントとビターチョコがキリッと引き締めます。

13

写真

ブラックコーヒーとの相性は抜群。午後のティータイムやおもてなしにもぴったり。15cmの食べ切りサイズなので、お家のおやつにもプレゼントにもジャストサイズ! 温めたナイフでワンカットずつ布巾で拭き取りながらカットするとキレイに切れます。

14

写真

ホールのままプレゼントしても素敵だけど、クッキングペーパーでケーキを包み、数個に分けてラッピングしてもキュート!

15

写真

メッセージを添えて意中の彼に、バレンタインのプレゼントにも。写真の包材や木製の洗濯バサミなど、全て100円均一で購入したものです。手軽にお洒落にラッピング☆ 既製品のブランドチョコやライバルになんか負けないパワーが手作りにはあるのです!

16

写真

本レシピで使用いたしましたミントリキュールは、ドーバー社のクレーム・ド・ミントグリーン。比較的入手しやすい手頃なお値段で甘さも丁度良く、使いやすい製菓リキュール。

17

写真

使ったミントオイルはNicoライフ社製造の「和種はっか油」という食用できる100%ミントオイル。ミントオイルがあると、チョコレートにそのまま溶かし混ぜることができ、手軽にいつでもミントチョコレートが作れます☆

18

ミントオイルは、アロマ用の100%ミントオイルとは違いますので、必ず食用に作られているものをチョイスしてください。入手方法は、一般の製菓専門店では置いているところが少ないので、ネットなどでお取り寄せするのが1番確実。

コツ・ポイント

ミントオイル、食紅、共に入れすぎないように注意してください。生地を流し入れる頃合とオーブンの予熱完了時間を合わせて、流したらすぐ焼くようにしましょう。天板に注ぐお湯は、沸騰した熱湯を使ってください。本レシピはクーベルチュールホワイトチョコを使用していますが、市販の甘めのホワイトチョコを使う場合は上白糖を3~5g減らして作ってみてください。

このレシピの生い立ち

チョコミントのチーズケーキの研究をしていて出来たレシピです。以前作ったものはミントオイル無しのレシピでしたが、オイルを使用することでより美味しいレシピに仕上がりました☆ バレンタインに使用する場合は、彼がチョコミントが嫌いじゃないことをリサーチしてから作ってください。
レシピID : 320678 公開日 : 07/01/20 更新日 : 08/01/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」