のっぺ~ふるさと新潟の味~

のっぺ~ふるさと新潟の味~
年間を通して楽しめる、言わずと知れた新潟の味。家庭に根ざした、ポピュラーな郷土料理です。

材料 (4人分)

A
里いも
(中)4個
にんじん
1/2本
干ししいたけ
4枚
こんにゃく
1/2枚
かまぼこ
1/2本
ちくわ
1本
たけのこ水煮
1本
1切れ
なめこ
1パック
なると
1/4本
B
とりにく
100g
ぎんなん
10個
 
イクラ
大さじ1
さやえんどう
少々
砂糖
小さじ1
しょうゆ
大さじ1
適量
2,000cc
煮干し
1本

1

写真

干ししいたけを水かぬるま湯で戻す。

2

干ししいたけの戻し汁に煮干しを入れて、水2,000cc程度を加え、だし汁を作る。

3

写真

里いも・にんじん・しいたけ・こんにゃく・かまぼこ・ちくわ・たけのこを短冊に切る。

4

鮭・とりにく・なるとは食べやすい大きさに切る。

5

鍋に材料Aを入れて、だし汁と塩を加えて煮る。※だし汁が足りないようであれば、水を加え材料が浸る程度にする。

6

煮立ったら材料Bを入れて、砂糖、しょうゆで味を調える。※しょうゆを入れすぎると黒くなるので、味が薄かったら塩を入れる。

7

出来上がりを器に盛りつけたら、好みでイクラ、別にゆでたさやえんどうをのせる。

8

写真

「里いも」

コツ・ポイント

新潟の里いもの特徴は、丸くて適度なぬめりがあること。色の白さときめ細かい肉質で、煮込んでも煮くずれしません。秋から冬にかけて、新津地域で盛んに栽培されています。

このレシピの生い立ち

のっぺは、お正月をはじめ、お盆や行事、お祭りなど一年中食べていましたね。冠婚葬祭にも出されました。どこの家でもよく作り、よく食べるから家々の味がありますね。具も、切り方もそれぞれ違うようです。農村地域生活アドバイザー 江口悦子さん
レシピID : 3211868 公開日 : 15/06/25 更新日 : 18/01/24

このレシピの作者

わたくし、新潟市食育・花育推進キャラクター“まいかちゃん”が、にいがたの郷土料理や行事食、家々に伝わる家庭料理などのレシピをご紹介します。
よろしければ、新潟市食育・花育センターのホームページもご覧ください。主催の料理教室のレシピも公開しています。URL:http://www.city.niigata.lg.jp/business/shoku_hana/ffcenter/index.html

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」