3色ニョッキ

3色ニョッキ
今回はニョッキ作りに挑戦。ニョッキとは、茹でたジャガイモをつぶし、小麦粉と卵を混ぜて、お湯で茹で上げた一品。市販のものやレストランででおいしいものに出会うのが難しいとされているので、一度食べておいしくなかったという方は手作りをお勧めします。

1

写真

まずはジャガイモ。コレで味の大半が決まるので、旬の季節に作るのがお勧め。大なべでしっかり茹でた後、捏ね台の上にジャガイモ潰し器でつぶします。その上にくぼみをつけて、卵、小麦粉を。大き目のジャガイモ6つに対して卵ひとつ。小麦粉は耳たぶ程度に柔らかく、だけど

2

写真

適当な大きさを切り出し、それを写真のように棒状に伸ばします。
親指第一関節程度の大きさに切り分け、一つ一つ、波状の跡を板の上でつけていきます。

3

写真

イタリアには写真のように専用の板も売っていますが、なければフォークの上で転がして筋状の跡をつけても。

4

写真

大なべにお湯をたっぷり沸かし、岩塩を入れます。岩塩がなければ、塩をたっぷり入れて。
そこへゆっくりニョッキを入れていきます。
その後はニョッキが浮かび上がってくるまでの間、別のソースパンにバターを溶かし、サルビアの葉をちぎって入れます。
これでソー

コツ・ポイント

このレシピの生い立ち

レシピID : 32334 公開日 : 01/10/18 更新日 : 01/10/18

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」