サッポロ一番塩ラーメンを使った夏つけ麺

サッポロ一番塩ラーメンを使った夏つけ麺

Description

以前から作って食べていたオリジナル。具材はお好みのものでOK。すりゴマはふんだんに使いましょう。

材料 (2人分)

サッポロ一番塩ラーメン
2袋
チャーシュー
適量・お好みで
塩蔵わかめ
適量・お好みで
味付け半熟卵
適量・お好みで
白すりごま
適量・お好みで追加
適量・お好みで

作り方

1

沸騰したお湯でサッポロ一番塩ラーメンの麺を茹でる。
3分とあるがコシを残したいので2分でざるにあけて流水であらう。

2

350ccの水を手鍋で沸騰させる。
沸騰したら火を止めて塩ラーメンのスープ粉末を入れて溶かし、ふつふつするまで加熱。

3

フツフツしたら器に、大匙2杯(お好みで)胡麻油を入れてつけ汁完成。
コツに記した麺に胡麻油を絡める場合は大匙1に減らす。

4

1で洗い冷やした麺の水気を切り、水で戻し、適度な大きさに切ったわかめ、好みの大きさに切ったチャーシューを盛り付ける。

5

味付け半熟卵を添え、最後に麺や付け合せの具材全体にすりゴマをふる。僕はすりゴマ多目が好み。鰹節をプラスしてもいけます。

コツ・ポイント

塩ラーメンにすりゴマは付属していますが、それにさらにプラスして使ったほうが美味しいと僕は思います。
また、ちょっとの時間でも麺がくっつきやすいので流水で冷やした後、麺をボウルに移し、少量の胡麻油をからめるとつきにくくなります。

このレシピの生い立ち

かなり以前から実践していたレシピです。この他にもほうれん草の胡麻和えをチャーシューとともに添えたアレンジや、きゅうりと鶏肉をバンバンジースタイルで添えたヴァリエがありますが、塩ラーメンは夏のつけ麺鉄板メニューとして重宝しています。
レシピID : 3254141 公開日 : 15/06/25 更新日 : 15/06/25

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」