カサゴの中華風蒸し

カサゴの中華風蒸し

Description

カサゴには中華風の味付けがとっても合う!唐揚げや煮付けに飽きたら是非挑戦してみてください!

材料 (二人分)

カサゴ
二匹
一本
2分の1かけ
昆布
10×10cm位
80cc
醤油
小さじ4
レモン
2分の1個程度
10粒程度
塩コショウ
少々
小さじ1

作り方

1

写真

カサゴは鱗を取り、お腹のなかを全部出して綺麗にしておく。下ごしらえだけ頑張れば簡単な料理です。

2

写真

沸騰したお湯を回しかける。これで細かい鱗が取れるようになります。

3

写真

残っていた鱗を包丁でこそげます。画像を参考にしてみてください。魚料理で鱗が口に残るのって嫌ですよね?

4

写真

胸ビレの下にある鱗は薄い骨のような感じで、取り残しやすい。鱗が取れたら全体に塩を軽く振って(分量外)置いておく。

5

写真

葱を、薬味にする部分、器に敷く分、カサゴに抱かせる分に分ける。写真は九条葱だけど、どんな葱でも大丈夫。

6

写真

器に半分の昆布と葱を敷く。葱を小口切り、生姜を薄切り細切りにしておく。イタパセは枝を抱かせる用に。葉は薬味用に。

7

写真

カサゴは少し水分が出てくるので、よく拭く。お腹の中も拭く。綺麗になったら両面に切り込みを入れます。

8

写真

器に塩コショウしたカサゴを入れ、紹興酒、醤油、胡麻油、花椒を加える。腹には葱、薄切りの生姜、イタパセを抱かせる。

9

ラップして電子レンジ500wで7~10分ほど加熱する。カサゴの大きさにもよるので、頃合いを見て。

10

写真

最後に薬味をのせ、レモンをたっぷり絞って召し上がれ!アジアンチックなご馳走に。紹興酒のタレも残せないですよ!

コツ・ポイント

調味料は分量の半量で一人分ですが、厳密でなくても全然平気です。紹興酒の香りが素晴らしい料理なので、日本酒で代用しないほうが絶対いいです。イタパセがなければパクチーでも。紹興酒と胡麻油、レモン、生姜あたりがマスト素材です。

このレシピの生い立ち

カサゴ釣りばかりしている僕が、よりよい食べ方を模索していて生まれた料理の一つです。(写真も釣果の一部)さっぱりとしながらも、皮にうまみと香り、肉に弾力のあるカサゴによく合った料理と自画自賛です。
レシピID : 3255739 公開日 : 15/06/24 更新日 : 16/06/06

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」