血液サラサラ!ぶりの和風トマト煮

血液サラサラ!ぶりの和風トマト煮
ぶりには、血中コレステロールや中性脂肪を低下させたり、認知症を予防するIPAやDHAが豊富に含まれています。

材料 (2人分)

ぶり
100グラム
塩コショウ
少々
完熟トマト
80グラム
なす
40グラム
ピーマン
10グラム
小麦粉
適量
玉ねぎ
15グラム
サラダ油
大さじ1/2
a)トマトケチャップ
小さじ1
a)酒
大さじ1/2
a)しょうゆ
大さじ1/2
a)水
大さじ1と1/2

1

ぶりは塩コショウをふり、しばらく置いてから水気をふく。

2

トマトは皮を湯むきして、種を取りざく切りに。なすは5ミリくらいの輪きりにし、水に漬けてあくを抜く。

3

ピーマンは種を取り、一口大に切る。

4

フライパンに油を熱し、ぶりに小麦粉を薄くまぶして両面を焼いて取り出す。

5

取り出したらフライパンを拭いて、油を入れて玉ねぎを炒める。

6

玉ねぎが色つきだしたら、なす、トマト、ピーマンの順に炒めaを加える。

7

煮立ったら、ぶりを入れて味がなじむまで煮る。

コツ・ポイント

ぶりは、カルシウムの吸収を助けるビタミンDや鉄分なども豊富。トマトやピーマンなどの緑黄色野菜と一緒に食べると脂肪の酸化も防いでくれるため、体にとってもよい一品です。ぶりは脂肪が多いので、食べ過ぎは注意です。

このレシピの生い立ち

レシピ考案者
ヘルスメイト 高妻 昌子さん
レシピID : 3267479 公開日 : 15/06/30 更新日 : 15/06/30

このレシピの作者

まちをあげて「健康」に取り組む宮崎県小林市が贈るヘルシー料理レシピ集。具材は「水と食の宝庫」と言われる小林の多彩でおいしい農畜産物たち。南九州独特の食文化も取り入れたレシピも公開します。(協力:小林市食生活推進員の皆さん、小林市地域おこし協力隊、市民の皆さん)。「移住促進PRムービー "ンダモシタン小林" 」もぜひご覧ください→http://cms.city.kobayashi.lg.jp/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」