大山おこわ~鳥取県の郷土料理~

大山おこわ~鳥取県の郷土料理~
中国地方の最高峰の大山山麓の食材を使用したしょうゆ味のおこわで、鳥取県西部地区の郷土料理です。

材料 (15人分)

もち米
1升
あごのやき
1本
鶏肉(もも)
300g
ゴボウ
200g
ニンジン
100g
干し椎茸
100g
300g
砂糖
25g
50cc
25cc
2.5g

1

写真

【下準備】
もち米は前日に洗い水につけ、蒸す1時間前にザルにあげて水気を切る。

2

写真

ゴボウ(ささがき)、ニンジン(いちょう)、鶏肉(ひと口)を切り、干し椎茸はせん切りにする。

3

写真

鶏皮を炒めて油を出し、鶏肉を入れて炒める。

4

写真

ゴボウ、ニンジン、椎茸、あごのやきを炒め、だし汁と調味料を入れ煮る。柔らかくなったら栗を入れる。具と煮汁は分けておく。

5

写真

もち米を20分ほど蒸しバットに移し、煮汁をかけ混ぜ具を入れる。

6

写真

5を蒸し器に移し10分弱ほど蒸しあげる。

コツ・ポイント

一晩水に浸けたもち米はしっかり水気をきる。水切りの状態が悪いと、蒸す時、蒸し器の中の温度がなかなか上がらない。あっさりおこわに仕上げたい場合は、鶏肉を使う前に、さっと熱湯に入れて余分な脂を除くと良い。

このレシピの生い立ち

昔、僧兵が戦場に行く時に戦勝を祈願して山鳥と山草を入れた米飯を炊き出したのが始まりと言われ、その後祭りや祝い事のごちそうとして受け継がれてきました。
(レシピ提供:大山町三色会)
レシピID : 3301502 公開日 : 15/07/30 更新日 : 15/07/30

このレシピの作者

鳥取県は海・山・里の豊かな自然環境に恵まれ、素晴らしい食材が数多く生み出されています。その素晴らしい地域の食資源をアピールするとともに、食を通じて県民皆さんの誇りと地域への愛着を醸成することを目的に、鳥取県では平成19年から「食のみやこ鳥取県」をかかげ「食」をキーワードとした県政を進めています。
http://www.pref.tottori.lg.jp/syokunomiyako/

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」