極上一番出汁(昆布・焼きあご・本枯れ節)

極上一番出汁(昆布・焼きあご・本枯れ節)

Description

一見面倒な出汁取りも慣れたら大した手間ではありません。1週間分まとめて取れば効率的に美味しい和食が楽しめます。

材料

羅臼昆布
210g
焼きあご
50g
本枯れ節(血合い抜き)
80g
9L

作り方

1

写真

羅臼昆布と焼きあごを水に浸して一晩(最低でも5時間)置く。

2

昆布と焼きあごを取り出し、味を確かめながら良い感じになるまで水で薄める。昆布や温度によって味の出方が違うので必ず飲む。

3

写真

火にかけ、指を入れられないくらいに熱くなったら、本枯れ節を入れる。

4

ふつふつしてくるので、アクを取り、鰹節はこの段階で取り出す。

5

さらに加熱して、アクを徹底的に取り、沸騰寸前で止め、瓶に詰める。

コツ・ポイント

火を止めるタイミングは80度を目安にしています。一般的な温度より低めですが、いい素材を使用しているため十分に美味しいです。また、うまみが残っているので、二番出汁が美味しくなります。
量は参考量です。お好みので調整してください。

このレシピの生い立ち

美味しいお吸い物、お茶漬けが食べたくて。

二番出汁のとり方はこちら ID:3313951
レシピID : 3313736 公開日 : 15/07/24 更新日 : 17/11/08

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」