本場南国・豪華・簡単パイナップルの切り方

本場南国・豪華・簡単パイナップルの切り方
「パイン」を「アップ向上」した切り方、パイナップル。爪楊枝で、みんなで楽しくつっつき合い。まるで南国の「鳥」のようだね。

材料 (家族分)

パイナップル
1個(4分の1×4)
出来ればブドウの粒
4個
ブドウがなければスタッフドオリーブとか他アイデアで
つまようじ
4本

1

写真

字数の関係で「パイン」と記します。葉の先端部分は切る。パインを4分の1に切り分ける。

2

写真

最初、芯の天井の部分を薄くそぐ。それから2回に分けて写真のように切込みを入れる。切り落とさないように。

3

写真

くるっと丸め、ブドウの粒を写真のように入れ、つまようじで止める。楊枝は、最後にキッチンばさみで出ている部分をカットする。

4

写真

首の上あたりから、皮に沿って慎重に切込みを入れ、身と皮を分ける。

5

写真

身を切り離し、まな板に置き、先ず芯を縦に三角に切って取り出す。

6

写真

上の写真を参考にして、左右両面とも、やはり、横に3角形の小さな切込みを2本分づつ入れる。

7

写真

6番の後の作業としては、縦に包丁で、均等に切り離してゆく。それをヨッコラショと元のパインに乗せる。

8

写真

パインに乗せたら、カットした部分を交互に1枚ずつずらしてゆく。横から見ても、見た目が均等に美しくなるように。

9

写真

はい、出来上がり完成。1個づつ皿に盛ってもいいし、方向を変え、4個まとめてもいいし、楽しさが演出、出来れば本望。

コツ・ポイント

補足は、2番の最初のてっぺんの薄い皮を剥ぐのは、丸いブドウを安定させるため。パイナップルによって、芯の大きさ、固さが違う。7番の均等に切り分ける作業、好みでもう少し身は厚くてもよい。でも薄めの方がつまようじなどで何度も食べられて楽しいはず。

このレシピの生い立ち

マレーシアでブログを書いています。参考ブログhttp://blog.goo.ne.jp/mamirei007

南国本場と書きましたが、南国でもこのような出し方切り方はあまりしません?。パーティなど、特別の時に切ってあげれば豪華万歳最高!
レシピID : 3327100 公開日 : 15/08/01 更新日 : 15/08/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

9 (9人)

19/01/30

写真

熟していて難しかったですが、達成感がありました☆かわいいですね♪

Kanato⌒☆

四角い皿も中々いいですよね。イチゴがアクセント、可愛いです。

17/01/21

写真

なんとか不器用な私でもできました。笑

ごめっきー

不器用なんて、とんでもない。アリガトウ。今日からシェフ起用!

16/12/26

写真

りんごと盛り合わせてクリスマスディナーに♪盛り上がりました♡

四児のハハ

返事が遅れてゴメンなさい。パーティなどに”彩”最高ですよね。

16/03/23

写真

パパの力作です♪素敵なデザートでした(^^)/

まーちママ

男性、手に包丁、いいですね。洗い物もお願いしちゃおう。力作。