カブの3度使い鶏かぶら煮

普段なかなか使いにくいカブを茎まで使ったお料理です。

材料 (2人分)

カブ
5個
600cc
○酒
大さじ2
大さじ2
大さじ2
○塩
小さじ1/3
鶏もも肉
400g
小さじ1/2
コショー
少々
わさび
小さじ1
少量
しょうゆ
少量
適量
サラダ油
大さじ3

1

カブは筋部分をとってむく。3個は4等分に切り、残り2個はすりおろす。茎部分は5センチくらいに切っておく。

2

○の材料を鍋に入れて火にかけ、落としぶたをする。

3

鶏肉を一口大に切り、ボールに入れ、塩・コショーを入れてもみ、次にわさびを入れてもむ。それに酒・しょうゆを少し足した後、片栗粉をまぶし、わさびの風味をとじこめる。

4

サラダ油大さじ3をフライパンで熱し、強火で3の鶏の皮目をかりっと焼く。余分な油はキッチンペーパーで拭く。

5

2のカブはくしが通ったらOK。あまり煮るとすぐ煮くずれるので注意。そこに4の鶏肉を投入し、一緒に煮る。

6

カブの茎をサラダ油と塩少々で炒めておく。

7

水溶き片栗粉を5の中に入れてとろみをつける。そこにすりおろしたカブを投入し、すぐ日からおろす。

8

お皿に盛りつけし、最後にカブの茎を飾ってできあがり。

コツ・ポイント

ベストタイムの平野寿将さんのコーナーでやってました

このレシピの生い立ち

レシピID : 33359 公開日 : 01/10/31 更新日 : 01/10/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」