牛肉とマッシュルームのパイ包み焼き

牛肉とマッシュルームのパイ包み焼き
ポート・ワインでじっくりコトコトと煮込んだ牛肉に冷凍パイ・シートで蓋をして焼けば、豪華なメイン・ディッシュに早変わり!

材料 (直径8cmのココット皿4人前)

牛肉(シチュー用)
500g
マッシュルーム
10個
タマネギ
1個
ビーフ・ストック
2カップ半
ポート・ワイン
2分の1カップ
冷凍パイ・シート(18cm四方)
1枚
コショウ
少々
「作り方」参照
牛乳
大さじ1
付け合わせ野菜
ジャガイモ
小4個
ベイビー・キャロット
8本
テイブル・ビート
2個
バルサミコ・ヴィネガー
大さじ3
大さじ3

作り方

1

鍋にオリーヴ・オイル大さじ2を熱した中にスライスしたタマネギを入れて炒める

2

写真

タマネギが透き通ったら小さめの一口大の角切りにした牛肉を加えてさらに炒める

3

写真

肉の表面が色付いたらビーフ・ストックを加えて強火にし、沸騰したら丁寧にアクを取り除く

4

ポート・ワインとローズマリーを茎ごと入れて弱火にし、蓋をして2時間ほど煮込む

5

フライパンにオリーヴ・オイル大さじ2分の1を熱し、石突きを取って4つ切りにしたマッシュルームを炒める

6

キツネ色に色付いたら4の鍋に入れ、コショウで味を調え全体をかき混ぜたら火を止めて、ローズマリーを取り除き室温まで冷ます

7

付け合わせ野菜を用意する。テイブル・ビートは茎少々を残し皮付きのまま4つ切りにする

8

ジャガイモは皮付きのまま半分に切り断面を下にして、ナイフで垂直に断面ギリギリまでの深い切り込みを数ミリ間隔の幅で入れる

9

ジャガイモ、ベイビー・キャロット、テイブル・ビートにオリーヴ・オイルをかけて手ですり込む

10

オーヴン・バットを2つ用意し、一つにはジャガイモを断面を下にして置いてローズマリー1本を載せる

11

写真

もう一つのオーヴン・バットにはベイビー・キャロットとテイブル・ビートを入れてローズマリー3本を載せる

12

どちらのオーヴン・バットも175度に熱したオーヴン(※ファン付きがベター)に入れ、45分焼く

13

冷凍パイ・シートをキッチン・ベンチの上に置いて、まだ冷たさが残る程度まで自然解凍させる

14

パイ・シートの上にココット皿を逆さにしてそっと載せ、皿の形に合わせて丸くナイフで切る

15

ココット皿に6を入れ、パイ・シートを載せて周りをピッタリ指で押さえて固定する

16

写真

真ん中に1個所だけナイフで小さめの切り込みを入れ空気穴を作り、パイ・シートの表面にハケで牛乳を塗る

17

野菜の焼き時間の残り25分の段階で16をオーヴンに入れる

18

フライパンにバルサミコ・ヴィネガーとハチミツを入れて火にかけ、焦がさないよう気をつけながらハチミツを溶かす

19

焼き時間が残り10分になったらベイビー・キャロットとテイブル・ビートのバットだけを取り出して18をハケで野菜の表面に塗る

20

19をオーヴンに戻して10分焼いたらパイも付け合わせ野菜もすべて出来上がり!

コツ・ポイント

牛肉の煮込みの部分は熱い状態だとパイ・シートを被せた時に蒸気を吸ってシートが沈んでしまうから、煮込むところまでは前夜などにあらかじめ用意しておくことをおすすめだし、そのほうが当日もラク♪

このレシピの生い立ち

メイン・ディッシュも付け合わせも味付けが全然違うものを同時にオーヴンで用意できればと思い。シドニー発行の日本語フリペ「月刊ジャパラリア」(www.japaralia.com)2015年9月号でもご紹介♪
レシピID : 3357558 公開日 : 15/08/21 更新日 : 15/09/19

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」