カンジャンケジャンは ご飯泥棒⁉️

カンジャンケジャンは ご飯泥棒⁉️
旬は11月~2月。別名 ご飯泥棒。(간장게장/醤油ケジャン/Ganjang Gejang)至高のレシピを貴方に…。

材料 (活ワタリガニのメス1匹450g)

活ワタリガニのメス
1匹450g
韓国海苔
好きなだけ
■カンジャンケジャンのソース
ジン醤油1本930ml
600ml
400ml
ハソンジョン いわしエキス(ミョルチエキス)1本400ml
400ml
梅エキス
大さじ2
甘草(カンゾウ)
10片
2本
昆布10cm
2枚
粒胡椒
大さじ1
唐辛子の種
大さじ2
5片
白ネギ(青い部分)
1/2本
玉ねぎ(4分割)
1個
リンゴ
1/2
1/4

1

写真

食材一覧です。
調理は、煮込んで漬け込むだけ…。
至ってシンプルですが、食材の仕入れが一番苦労します。

2

写真

右より、
醤油、
焼酎、
いわし魚醤(ミョルチエキス)、
梅エキス

3

写真

上段右より、
甘草(カンゾウ)、
唐辛子、
昆布。
下段右より、
粒胡椒、
唐辛子の種。

4

写真

ニンニクは潰します。

5

写真

活ワタリガニ以外の全ての材料を鍋に入れます。

6

写真

40分間弱火で煮立たせます。
ただし、昆布は沸騰直前に取り出します。

7

写真

煮込み完了。

8

写真

活ワタリガニを漬け込むために、鍋を約4時間かけて冷却します。

9

写真

冷めたら中身をザルで漉します。

10

写真

活ワタリガニの漬け込みタレの完成です。

11

写真

活ワタリガニは漬け込んで冷蔵保存します。タレをタッパに入れ換えて準備完了。活ワタリガニを仕入れに行きます。

12

写真

築地市場内で新鮮な活ワタリガニのメスを仕入れます。

13

写真

お店で活ワタリガニのハサミを輪ゴムで固定してもらいます。

14

写真

活ワタリガニのメス457g

15

写真

活ワタリガニを持ち帰ったら、下処理します。使い捨て歯ブラシを使い、流水で表面を洗います。

16

写真

腹も広げて内側も丁寧に洗います。

17

写真

甲羅の横のトンガリ部分は、危険なのでキッチンハサミで切り落とします。これで活ワタリガニの下処理完了です。

18

写真

タッパに活ワタリガニの腹が上になるように漬け込みます。

19

写真

2日間しっかり漬け込み3日目(50時間前後)が一番美味しいです。それ以上は塩分が濃くなりしょっぱいです。

20

写真

カンジャンケジャン完成です。

21

写真

甲羅にご飯を入れて…

22

写真

韓国海苔を火で炙りご飯と一緒に召し上がってください。至高の味は、まさにご飯泥棒。

23

写真

ご飯がすすみます。

24

写真

虎マッコリ(福島県白河市の有賀醸造tel:0248-34-1271)がまた美味い‼️

25

写真

【番外編:活ワタリガニメスの甲羅側】内子(卵巣)の時期は11月~2月。2月に活ワタリガニ4匹仕込みました。

26

写真

【番外編:活ワタリガニメスの腹側】重さは左上510g,右上466g,左下490g,右下600g.

27

写真

【番外編:自家製2匹】活ワタリガニが大きく、漬けタレが足りなくなり、2回に分けて2匹仕込みました。奥は自家製トッポギ。

28

写真

【番外編:プロカンジャンケジャンの通販】比較するためにカンジャンケジャン2匹を取り寄せました。重さは各約230g.

29

写真

【番外編:重量と味比較】プロカンジャンケジャンは手前の小さな甲羅。奥の自家製2匹は大きく、内子(卵巣)も多く美味いです。

30

写真

【仕入先】活ワタリガニは築地市場内の幸樹水産。但し、メスの旬な時期の11月〜2月は、オスばかりで買い付けに苦労します。

31

写真

【仕入値】
活ワタリガニのメス
3500円/kg。450gで1575円。

32

写真

【仕入先】
新大久保のチョンガーネ 東京都新宿区百人町2-1-2K-PLAZA2 1F 営業10:00~22:30

33

写真

【仕入値】ジン醤油930ml 298円

34

写真

【仕入値】済州焼酎700ml 428円

35

写真

梅エキス175g 398円

36

写真

【仕入値】梅エキス1kg 980円

37

写真

【仕入先】
新大久保のソウル市場
東京都新宿区大久保1-16-15 豊生堂ビル 1F 営業9:00~24:00

38

写真

【仕入値】いわしエキス400ml 284円

39

写真

【仕入値】甘草50g 377円

40

写真

【仕入値】唐辛子の種500g 665円

41

写真

【仕入値】長ネギ158円

42

写真

【仕入値】玉ねぎ171円

43

写真

【仕入値】梨188円

コツ・ポイント

醤油・焼酎など塩分濃度は厳守。食中毒の原因になります。冷蔵保存も同様であり、しっかり2日間(48時間)は寝かせてください。漬けタレは一回こっきりです。毎回作り直してください。使い回しはとても危険です。冷凍物は使用したことがありません。

このレシピの生い立ち

初めて釜山のお店「プロカンジャンケジャン」でカンジャンケジャンを食べ感動し、赤坂店にも足を運びました。やがて自ら作りたくなり、新大久保で食材を仕入れますが、肝心のワタリガニは冷凍物でした。しかしながら、活ワタリガニを築地で仕入れ完成です。
レシピID : 3374113 公開日 : 15/09/01 更新日 : 15/09/24

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

 
Profile まる京 2015年10月10日 12:14
はじめまして!
初めて、ソウルで食べてから行く度に食べていて
一度作ってみたいと思っていたのですが・・・
中々良さそうなレシピが見つけられず
とてもうれしいです。イギョンジャカンジャンケジャンへ
いつも行きます。
プロカンジャンケジャンへはいったことがないです。^^
11月にソウルへ行くので行ってみようかと思っています。
調味料を買ってこようと思います。
ありがとうございます。
キッチン秀 2015年10月10日 12:21
ありがとうございます。
11月はカンジャンシジャンが
美味しい季節です。
ソウル食旅、楽しんできてください!