まぐろとアボガドの納豆玄米丼

まぐろとアボガドの納豆玄米丼
脳を活性化させる働きのあるDHA豊富なまぐろ、レシチン豊富な納豆と卵、オメガ3脂肪酸を豊富なアボガドを載せた最強丼です。

材料

まぐろ(刺身用)
50g
納豆
1/2パック
アボガド
1/2個
1個分
醤油
大さじ1
わさび
少々
ごま
小さじ1
きざみのり
適宜
玄米
180g

1

アボガドは種からはずし、皮をむき、サイコロ状にカットする。まぐろもサイコロ状に切る。

2

器に炊いた玄米を盛りつけ、まぐろ、納豆、アボガド、卵黄、きざみのりを盛りつける。

3

最後にごまをふり、しょう油とわさびをお好みでかけてお召し上がり下さい。

コツ・ポイント

この料理では、丼のご飯を食物繊維とミネラルたっぷりな玄米にしましたが、玄米が苦手な方は白米を少し混ぜたり、雑穀を混ぜても良いでしょう。ゆず、シソ、しょうが、みょうが、ねぎなど香り野菜をプラスして、季節の恵みをお楽しみください。

このレシピの生い立ち

脳の材料DHAを豊富に含むまぐろをはじめ、脳神経の材料「レシチン」を多く含む納豆と卵黄をダブルでプラスしました。どんな方にもオススメの最強パワーメニューです。
レシピID : 3381326 公開日 : 15/09/03 更新日 : 15/09/03

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」