鯛のさばき方

鯛のさばき方

Description

鯛の下処理方法までを解説します。

材料

タイ
1尾

作り方

1

写真

新鮮な鯛が手に入ったら、さばいてみましょう。天然と養殖があります。

2

写真

先ずは、ウロコ取り。鯛のウロコは大きいので、専用のウロコひきが便利。

3

写真

全体のウロコが取れたら、細かいところは、包丁を使って取ります。胸ビレの後ろも忘れがち。

4

写真

ヒレのギリギリまで、ウロコがついているので取ってあげます。

5

写真

尾の方の上下はヒレがなくウロコがありますので忘れずに。

6

写真

お腹もしっかり取ります。

7

写真

カマも、美味しい部分です。刃先を使って丁寧に取ります。

8

写真

目の下、頬の部分のウロコも取っておくと丁寧ですね。

9

写真

エラを取ります。エラも、鮮度を見分ける時のポイントのひとつとなります。

10

写真

エラの外側は、薄い膜が張ってありますので、刃先を使って軽く切り離します。両方のエラ共してください。

11

写真

エラは手で取ります。痛くないように、タオルを手にかまします。

12

写真

エラの内側に指を入れ、両方のエラを同時に引っかけたら、手前に引っ張りながら手首をねじって取ります。

13

写真

一気に、両側のエラが取れました。

14

写真

お腹を裂きます。おへその部分から、刃を外側に向けて差し入れ、少しずつ切込みを入れていきます。

15

写真

腹ビレの部分は硬いですが、ちょうど真ん中を通れば軽い力で切込みを入れる事が出来ます。

16

写真

タオルをかました手で、内臓をそっと掴んで引っ張り出します。

17

写真

血合いに傷を入れておきます。

18

写真

血合いをブラシ等でこすりながら、流水にあてて綺麗に洗い流しましょう。

19

この後、三枚おろしへ進むなら「ID:」へ。

コツ・ポイント

骨が太いので、感覚をつかむのはアジより簡単。
ヒレで怪我する事も多いので、注意して下さい。
ウロコを取るとき、大きなゴミ袋の中でやると後片付けが楽です。

このレシピの生い立ち

難しいと思われる鯛のさばきも、アジと同じ手順で簡単に出来ますので、是非やってみて欲しいと思いアップしました♪
レシピID : 3414787 公開日 : 15/09/20 更新日 : 15/09/20

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

6 (4人)

2020/07/29

写真

鯵のように上手くいかず、再チャレンジしますぁりがとぅございました〜

ルぴあ

2018/04/28

写真

今からさばきます!

ゆうきいた

たくさん釣れましたね!

2018/04/28

写真

こちらは塩焼きで!

ゆうきいた

美味しそうです^^ ありがとうございます。

2018/04/28

写真

おいしくいただきました!

ゆうきいた

すばらしいですね!