十五夜★お月見里芋

十五夜★お月見里芋
皮むき里芋(さとまるく~ん)を使い白だしとおしゃぶり昆布で味付け、優しい味でパクパク進んじゃう~♪残った里芋でうさぎさん

材料 (4人分)

☆皮むき里いも(さとまるく~ん)
2袋(400g)
☆水
900ml
☆ヤマキ割烹白だし
大さじ3
☆おしゃぶり昆布
2本

作り方

1

写真

☆印を鍋に入れ沸騰させ、弱火で15分煮る。

2

写真

好みの固さになったら、芋のみザルにあけ水気を切り、残りの汁はみそ汁やスープに使う。

3

写真

下9個、中断4個、上段2個を重ねる。
里芋が滑る場合は乾燥パスタで固定する。残りの里芋でうさぎさんを作る。

コツ・ポイント

里芋を重ねる時に、平らな部分を下にして重ねます。
滑って重ねるのが難しい場合は乾燥パスタを刺し固定します。

このレシピの生い立ち

今月は中秋の名月(十五夜)が9月27日
十五夜の夜は芋煮を食べる習慣があると聞き、
簡単に作ってみました。
レシピID : 3424619 公開日 : 15/09/25 更新日 : 15/09/29

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」