里芋の親芋はどこまで食べられるのか

里芋の親芋はどこまで食べられるのか

Description

里芋の収穫をしたので、親芋を食べてみることにしました。

材料

親芋
1個

作り方

1

写真

種イモ部分と親芋部分、上の方には緑部分(茎?)があります。まず部分ごとに3分割に切ってみました。

2

写真

緑色部分の上半分はイモの部分がないので捨てました。

3

写真

下半分を縦に切ってみると、イモの部分と葉の部分が良く分かりました。

4

写真

5

写真

皮をむきました。

6

写真

3㎝角位に切り、圧力鍋に1㎝位水を入れ、金ザルに入れ蒸します。ゼロ活力鍋の高圧で圧がかかったら火を止め圧が下がるまで待つ

7

普通の圧力だと5~8分でしょうか。

8

写真

鶏肉を炒め、蒸した里芋をいれ、料理酒醤油、みりんを大さじ1~2ずつ入れて煮絡め、冷まして味を浸み込ませます。

9

写真

種イモ部分は繊維質で美味しくありませんでした。親芋はホクホクして美味しく食べられます。

コツ・ポイント

親芋部分も下の方に行くほど硬さがあったので、高圧でも圧がかかってから弱火にして、30秒~1分位蒸しても良いと思います。

このレシピの生い立ち

初めて里芋を収穫して、親芋が食べられるのか挑戦してみました。
レシピID : 3456242 公開日 : 15/10/13 更新日 : 15/10/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/09/10

First tsukurepo mark
写真

親芋美味しいですね!初めて料理しました。

かっと

ホクホク美味しいですよね♪つくれぽありがとう(^^♪