白玉だんごの銀あんかけ

白玉だんごの銀あんかけ
白玉団子の中に銀杏、海老、百合根をかくしてダシの効いたおつゆでいただきます。
簡単だけど見栄えのする1品。

材料 (4人分)

百合根
8枚
小エビ
8尾
銀杏
4個
穴子
開いたモノ1本
三つ葉
1/4束
小さじ1
3カップ
80㌘
適量
水溶き片栗粉
適量

1

銀杏は殻を剥き、百合根ははがしてそれぞれさっと湯がく。その後ダシ汁(分量外)と塩をたしたものに、背ワタをとった海老と銀杏、百合根をさっと炊いてざるにあげておく。

2

穴子は割り醤油(酒1対醤油)を表面に塗って焼いておく。

3

白玉粉は塩少々と、水を少しづつ入れて耳たぶくらいに練っておく。この中に2を入れ饅頭の形にして湯がく。
(鍋底から浮き上がってくるまで)

4

器に穴子と一緒に盛って、だし汁と薄口、塩で調味したあんに三つ葉のざく切りしたものをかける。

コツ・ポイント

11月の懐石料理教室で習いました。

このレシピの生い立ち

レシピID : 34671 公開日 : 01/11/14 更新日 : 01/11/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」