晩秋の手仕事♪かりんのはちみつ漬け

晩秋の手仕事♪かりんのはちみつ漬け
乾燥した時季ののどにやさしい、昔ながらの味。簡単に作れるので、かりんが手に入ったらぜひチャレンジしてみて♪ #大地宅配

材料 (作りやすい分量)

かりん
2コ
500g~1kg(かりんがヒタヒタになるぐらい)
※分量の目安
かりん:はちみつ=1:2

1

かりんをよく洗い、しっかり水気を拭く。縦に4等分して、5mm~1cmの薄切りにする。

2

煮沸消毒してよく乾かした広口びんに1のかりんを入れ、湯せんで60℃くらいに温めたはちみつを注ぐ。

3

びんのふたをゆるめに閉めて鍋に入れ、七分目くらいまで浸かるまで水を張り、火にかける。沸騰後、約5分煮沸し脱気殺菌する。

4

熱いうちにびんのふたを完全に閉め、1カ月位経ったらでき上がり。かりんを取り出す。
※取り出し後の保存は冷蔵庫で。

コツ・ポイント

かりんがまだ青ければ、黄色くなって香りが出てくるまで常温に置いてから使ってください。かたいので、切るときは慎重に。種の周りに薬効成分が多いので、種ごと入れましょう。

このレシピの生い立ち

秋になると出回るかりんは、昔からのどに良いとされてきた果物。切って漬けるだけで、乾燥する季節に重宝する保存食ができ上がります。
レシピID : 3467249 公開日 : 15/10/30 更新日 : 16/10/14

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/10/28

First tsukurepo mark
写真

初かりん漬けです!子供の喉のために♪1ヶ月後がたのしみです感謝!

もふ♪もふ

お試しありがとうございます!冬に向け、お役に立ちますように♪