楽チン✩グリルでさんまの塩焼き☆コツあり

楽チン✩グリルでさんまの塩焼き☆コツあり

Description

さんまを美味しく焼くコツ満載。塩をして魚の水分と一緒に臭みを抜き、短時間加熱でジューシーに。グリルでも洗い物簡単!

材料 (4人分)

さんま
4尾
10g(小さじ2)
みりん水
小さじ1/3
大さじ1

作り方

1

写真

秋刀魚は流水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取る。洗わないと生臭くなるのでよく洗って。

2

写真

一尾につき塩小さじ1/2の振り塩をして、1~2時間おく。最初に塩を計っておき、そこから取って両面にまんべんなくふる。

3

写真

魚焼きグリルの網にホイルを敷き、竹串でところどころ穴を開ける。コーティングされているくっつかないホイルがおすすめ。

4

写真

余計な脂が下に落ちるので、受け皿にもアルミホイルを敷いておく。焼き終わったらホイルを捨てれば洗い物楽チン。

5

写真

汗をかいたように表目に臭みのある水分が出てくるので、これをキッチンペーパーで抑えるように拭き取る。

6

写真

魚焼きグリルを3分余熱する。

7

写真

みりんを水で10倍に薄め、手でペタペタとサンマ全体に塗る。短時間で焼き色をつけるためです。焼きすぎにならずジューシーに。

8

写真

両面グリルで6~7分加熱(片面グリルの場合は表5分+裏4分)。焦げ目がつきやすいので、途中様子を見て。

9

写真

取り出して皿の上で2分余熱を入れる。大根おろしやすだちなど添えてどうぞ。

コツ・ポイント

・塩をして1.5~2時間おき、出てきた水分を拭き取るのがポイント
・ジューシーに仕上げるには焼きすぎない。そのためにみりんを塗って早く焦げ目をつけます。
・塩加減も大事なので塩は最初に計って。
・旬の生さんまは内蔵は出さずそのまま焼いてOK

このレシピの生い立ち

我が家流のさんまの焼き方に、TVで見たみりんを塗って焼く方法を取り入れました。余熱したグリルで短時間で焼いたら、焼きすぎにならずジューシーに仕上がりました。
レシピID : 3472642 公開日 : 16/09/06 更新日 : 17/01/15

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

64 (60人)

19/06/18

写真

みりんをつけるのは目からウロコでした!この焼き方にします♪

ねこぱっぱ

作っていただきどうもありがとうございました♪

19/09/18

写真

グリルで焼くのは初めてでしたが、こんがりおいしく焼けました!

夏音⊿

19/02/14

写真

綺麗に焼けました♬みりんを塗る方法便利ですね♡また作りたいです☆

ChunChun☆≡

作っていただきどうもありがとうございました♪

19/02/02

写真

リピしてます♡

♡mimicoco♡

作っていただきどうもありがとうございました♪

1 2 3 4 5