ハロウィン★チョコで簡単立体風!?デコ

ハロウィン★チョコで簡単立体風!?デコ

Description

100円以下!低コストでも可愛く♡
支えは無くチョコだけで立てる様に、大きいパーツはカーブさせるだけで簡単です♪

材料 (15cmホール)

4~6カケ
ミルクチョコレート(板チョコ)
4カケ

作り方

1

作りたいイラストをコピー、又は紙に書く。その上にクッキングシートを重ね、ずれない様1~2か所ホッチキスで留める。

2

写真

三角に切ったクッキングシートを丸めてコルネを作ってホッチキスで留める(平らな方が絞り口になります)

3

写真

シリコンカップより大きめ耐熱皿に水を入れてレンジで温め、チョコを入れたカップを浮かべて溶かす。溶けたらコルネに入れる。

4

③は必要な色の数だけ用意しておくと作業が楽です。黄色はホワイトチョコにターメリックを少量混ぜます。

5

①のイラストが透けて見えるクッキングシートの上に③のチョコで書く。コルネ先は絵の細かさに合うようハサミで切って調整する。

6

写真

家はカーブを付けて立たせる為、チョコが固まる前にカーブの付いた容器に入れて固める。今回はヒルバレーの缶がピッタリでした。

7

写真

家にカーブを付けてケーキに乗せて上から撮影したもの(画像下側です)

8

写真

同じサイズで、同じカーブを付けた状態でもココット皿にもデコ出来ました(カマンベールチーズが入るサイズ)

9

写真

画像⑦左のココット皿を上から移したもの。大きいですが支え無でも倒れません。

10

※割れ防止の為、チョコを補強する。書いたチョコが固まったら、余ったチョコをスプーンで垂らして全体に伸ばして厚みを出す。

11

補強の為なので扱いやすい厚みが出ればOK。分厚くなるとケーキと食べづらいので、そんなに厚みは出していません。画像⑦参照

12

室温にもよりますが、手が暖かい方はチョコが解けるので扱う際はピンセットがお勧めです。(手が冷たいなら手でも代用部です)

13

パーツ折れは、溶かしチョコで接着補修可能。
ですが、折れても不気味感が◎
ココットの十字架は折れた状態で突き刺してます

コツ・ポイント

薄すぎると十字架等の細長い部分や、ホラーな木等の細かいものは割れやすくなるので重ね書きします。一回目が固まってから重ねますが、チョコの温度が高すぎると一回目のチョコが解けてしまうので、サラサラ→トロリとするくらいまで数分待って重ねます。

このレシピの生い立ち

高さのない平坦なモンブランタルトになってしまったので、今ある材料で簡単に立体的にハロウィンデコが出来ないかと考えました。
チョコしかなく、大きいパーツも支えが無しで立たせるには・・とカーブを付けてみたらいい感じに出来たので♪
レシピID : 3478061 公開日 : 15/10/25 更新日 : 18/02/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」