★ 父の味!やみつき自家製燻製ベーコン

★ 父の味!やみつき自家製燻製ベーコン

Description

とにかく美味!クセになること間違いなしの一品です。アウトドア好き男性は、十八番メニューに加えてみてはいかがでしょう?

材料 (16本分)

豚バラブロック
1kg×16本
玉ねぎ
3個
120g(2個)
2球(12片)
コリアンダーの葉
1枝
1500ml(2本分)
調味料
450g
黒胡椒
50g
シナモン
20g
20g
 
燻製時
燻製チップ(桜)
お好みで
燻製チップ(ヒッコリー)
お好みで

作り方

1

写真

まずは調味料を計量します。基本は上記の割合を目安にしていますが、実際は用意した調味料を使い切る方針でやっています。

2

写真

計量した調味料をまんべんなく混ぜ合わせておきます。

3

写真

豚バラブロックに調味料をすり込んでいきます。ひだの間などムラなく丁寧にすり込みます。調味料のこぼれは気にせずワイルドに。

4

写真

すり込んだものはこんな感じです。

5

写真

玉ねぎ・しょうが・にんにくは皮をむいておきます。

6

写真

皮をむいた玉ねぎ・しょうが・にんにくをすりおろします。

7

写真

すりおろした玉ねぎ・しょうが・にんにくを豚バラブロックとともに袋に入れ、全体にいき渡るようしっかりぬり込みます。

8

写真

ぬり込みが終わったら、ローリエの葉・コリアンダーの葉・赤ワインを投入し、空気が入らないように袋の口を閉じます。

9

写真

下ごしらえはこれで完了。これを冷蔵庫に入れて一週間寝かせます。2〜3日経ったところで袋ごと上下をひっくり返します。

10

写真

一週間後、燻製前夜に塩抜きをします。たらいに肉を入れ、シャワー等大量の流水に2時間さらします

11

写真

2時間ほどすると、少し水が澄んで肉が見えるようになります。これが塩抜き完了の目安です。

12

写真

塩抜きした肉を吊るし、夜風にさらして一夜干しにします。

13

写真

いよいよ燻製です。燻製機に肉と燻製チップを入れ、70度くらいを目安に約6〜8時間燻製します。高温過ぎると燃えるので注意!

14

写真

お好みでウインナーやチーズ、明太子などを一緒に燻製しても美味です。お好みの色合いに仕上がったら、できあがり!

コツ・ポイント

調味料はすり込みの際にこぼれる分量を考え、割合そのままで分量1割増で用意するのがオススメです。燻製チップは桜とヒッコリーを交互に使っています。ヒッコリーは味に渋みが出ますが、実際にはあまり差が分からないので(笑)桜チップをメインに使います。

このレシピの生い立ち

父が作るレシピを取材してまとめています。
アウトドア好きの父が、昔、かきもちの角缶に穴を空けて作ったお手製燻製機で始めた燻製ベーコン。チャーハンや炒め物に絶妙なうま味を加えてくれる、主役としても脇役としても大活躍の一品です。
レシピID : 3517971 公開日 : 16/03/29 更新日 : 16/04/01

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

16/10/25

First tsukurepo mark
写真

これからですが!待ちきれなく!

クック10F20N☆

美味しくできましたか?燻製を楽しんで頂けたようで何よりです!