ワインにも、日本酒にも合う、炊き込みご飯

ワインにも、日本酒にも合う、炊き込みご飯
フランス料理をお手軽レシピで簡単に作る方法 その7 洋風にした鯛の土鍋ご飯

材料 (3~4人分)

2合
鯛(中)
1尾
小さじ1強
小さじ1.5
バター(無塩)
小さじ2
小さじ1
昆布
10×5㎝1枚
市販のフュメ・ド・ポワソン(顆粒)
スティック1本
三つ葉(または香菜)
4本

1

写真

魚屋にウロコと内臓をとってもらい、焼く30分前に冷蔵庫から出して塩小さじ1(分量外)をして、ラップをかけておく

2

写真

両面をこんがりと焼く

3

写真

土鍋に、吸水させた米、水2.2合弱、黒糖、酢、みりん、バター、塩、しょうが、昆布、フュメ・ド・ポワソンを入れて混ぜる

4

写真

焼いた鯛をのせ、フタをして強火。沸騰したら、極弱火で10分、火を止めて20分蒸らす

5

写真

フタを開けて身をむしる

6

写真

鯛の身をご飯と混ぜ、三つ葉を散らす

7

写真

平行してスープを作り、蒸らし終了10前に、炒め物、5分前にトロの炙りを作って完成

コツ・ポイント

土鍋が沸騰して弱火にしたら、あとは30分待つだけなので、他の料理を作ります。スープも材料を小鍋に放り込めばよいだけです。

このレシピの生い立ち

西荻窪にあるフレンチの名店organ(オルガン)のまかない料理をシロートの自分でもできるよう簡略化。本物レシピは「なぜかワインがおいしいビストロの絶品レシピ—隠れた人気店ウグイス&オルガンの自慢の50皿」紺野真 著/サンマーク出版 刊90P
レシピID : 3533903 公開日 : 15/11/23 更新日 : 16/01/31

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」