白身魚のミルク煮(9か月からの離乳食)

白身魚のミルク煮(9か月からの離乳食)
残ってしまっている粉ミルクも消費できるレシピです♪

材料 (1人分)

白身魚
15g
ママの水塩
2プッシュ
小松菜の葉先
6枚分(20g程)
100ml
ミルク(通常通り溶かしたもの)
40ml
水溶き片栗粉
適量

1

写真

今回は『ママの水塩』を使用します。

2

白身魚に「ママの水塩」をかけて焼く。身をほぐしておく。

3

小松菜の葉先は茹でて水気を絞り、みじん切りにする。

4

鍋に魚、小松菜、水を入れて火にかける。沸騰したらミルクを加えて弱火にし、2~3分程度煮て水溶き片栗粉でとろみをつける。

コツ・ポイント

ミルクは赤ちゃん用の粉ミルクを通常赤ちゃんにあげる濃さで溶かしたものです。ミルクを入れたら沸騰させないように弱火にしてください。白身魚はたらやカレイ、鯛などの皮や骨を除いたものを使用して下さい。

このレシピの生い立ち

ステップアップで変わっていく赤ちゃんの粉ミルクですが、余ったりしてしまうことも多々あると思います。月齢ごとに食感などを変えていくと9か月以降幅広い期間で楽しめる一品。
魚や小松菜の使わない部分は大人のお料理に。
レシピID : 3564956 公開日 : 15/12/10 更新日 : 15/12/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」