タキシードの、苺チョコ

タキシードの、苺チョコ

Description

ウエディングやバレンタインなどに。甘いチョコレートと、酸味あるストロベリーで作るタキシードは海外定番デザインです♪

材料

数粒
キャンディライター
スーパーホワイト
キャンディライター
ライトブラウン
スプリンクル
ミニコンフェッティ
パラマウントクリスタル
少量

作り方

1

写真

スーパーホワイトのキャンディライターに、パラマウントクリスタルを混ぜてカバー。茶をどこまでつけるか楊枝でラインづけておく

2

写真

ラインをつけたとこまで片側をドボンとつけます。

3

写真

反対側も同じようにドボンとつけます。

4

写真

タキシードの茶色が固まるまで待ちます。ちなみにキャンディライターには真っ黒色もあるので、黒タキシードにしてもGOOD!

5

写真

手書きで蝶ネクタイをしてもいいし。NUT2deco内にはパーツ用のチョコレート型に、蝶ネクタイがあります。

6

写真

スプリンクルは小さいタイプの「コンフェッティ」の中から、白い丸をいくつかpick upしておきます。

7

写真

ボタンのように胸元に2〜3個つけてできあがり。(白いチョコを糊代わりにつかってくっつけます)

8

写真

チョコに指紋がついたりすると食べる側はゲンナリしますので。出来上がったら「繊維のつきにくい手袋」を使うといいですよ!

9

写真

ラッピングに困ったらNUT2decoで、ミニカップケーキ用のプラケースを使ってみてください。意外とコレ、便利です!

コツ・ポイント

キャンディライターで何かをカバーするとき。例えば今回のような苺以外にも、クッキーだとか、ケーキポップスには、もったりした質感のチョコをサラッとさせる「パラマウントクリスタル」を使うと、表面がキレイに仕上がります

このレシピの生い立ち

このデザインは、海外ではド定番で簡単なので、初心者さんにお試しいただくと楽しいデザインです。
レシピID : 3565088 公開日 : 15/12/10 更新日 : 15/12/10

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」