超かんたん「日本一のチキンカツ」

超かんたん「日本一のチキンカツ」

Description

揚げ油を劣化させないのでチキン本来の香、肉汁を十分味わえ、健康に良く経済的で、かつ廃棄の手間も無く、地球環境に大変良い

材料 (二人分)

二人分 )鶏肉(もも肉)
200g×2
お塩少々、片栗粉少々、卵三個、
揚げ油 1 なたね100%
100℃以上の加熱処理していないもの
揚げ油 2 オリーブオイル
エキストラバージンオイル
お好みによりお塩、ソース、ケチャップでいただきます。

作り方

1

水の中でよくもみ洗いし水分をとり粗塩後、片栗粉をつけ、溶き卵にくぐらせ、パン粉をつけます。卵、パン粉は各々二回つけます。

2

130℃に加熱したフライパンにいれると約9分で仕上がり、パレットにのせ、これを傾け、油をきります。

3

写真

肉汁を最大限いただくためナイフとフォークを使用します。

4

写真

揚げ油はステンレスのザル+ろ紙でろ過します。ろ紙はキッチンペーパで十分です。

5

写真

従来の調理温度では20分で酸化し、さらに重合(黒く変色=ポリマー化)するので
肝臓、腎臓の重大な病因となります。

6

写真

※ポテト、エビセン等植物性蛋白質を揚げると発がん物質(アクリルアミド・劇物)を生成しているので常食してはいけません。 

コツ・ポイント

鶏肉の旨み(肉汁)を逃がさない為、揚げ油の温度は130℃以上にしない。食味感だけ味わうのであれば従来の温度で揚げ、揚げ油は一回で廃棄します。
従来の温度では20分で酸化し、健康に良くありません。
下痢、胸やけ、の経験はありませんか?

このレシピの生い立ち

東京三代百年続く「伝統調理法」作曲家三枝成彰さんが日本一と絶賛する
「とんかつ」のチキンバージョン。130℃で揚げるので肉汁がたくさん残り特別ジューシーです。 
揚げ油はいつも新鮮な状態にあるので「血液サラサラ」のフライができます。

レシピID : 3585014 公開日 : 15/12/21 更新日 : 15/12/21

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」