鶏の治部煮仕立て

生麩が手に入ると一度は治部煮にして食べたくなります。材料はこだわらず、その時にあるきのこ、青み等を入れて季節感を出し、「我が家」らしく。

材料 (3~4人分)

鶏肉
1枚
長葱
(主に白い部分)2本
生麩
1/2~1本
しめじ
1パック
春菊
少々
2カップ
1/2カップ
砂糖
小さじ2
しょうゆ
大さじ11/2~2
大さじ11/2
そば粉
適宜
適宜
わさび
好み

1

鶏肉は一口大ほどのそぎ切りにする。長葱は、焼き網にのせて焼き目をつけ(火加減に注意)、5~6cm長さのぶつ切りにする。しめじは石づきを取り、やや大き目に分けておく。生麩は8等分に切り分ける。

2

鍋にだし汁、酒、砂糖、しょうゆ、みりんを入れて煮立て、鶏肉にそば粉を片栗粉(合わせて)を軽くまぶし、鍋に入れる。
様子を見て、軽く煮て取り出し、少し煮汁をかけておく。

3

次にしめじ、生麩、焼いた長葱を入れて中火で5分程煮る。
春菊は別に固めに塩茹でし、5~6cm程に切っておく。

4

器に盛る前に、鶏肉を戻し入れて軽く温め、春菊も入れる。

5

器に形良く盛り、煮汁をかけ、好みでわさびを添える。

コツ・ポイント

鶏肉はもも肉でも胸肉でも。まぶす粉はそば粉だけでも、片栗粉だけでも。

このレシピの生い立ち

レシピID : 35961 公開日 : 01/11/28 更新日 : 01/11/28

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」