栗きんとん (くちなしの実は使いません)

栗きんとん (くちなしの実は使いません)

Description

毎年お正月に食べる栗きんとん。さつまいもは離乳食にも大活躍なので、茹でたあとは取り分け離乳食として活用できます。

材料

さつまいも(金時芋でも普通の芋でも)
中1本
栗の甘露煮
15〜20粒
栗の甘露煮シロップ
大さじ3
大さじ2
砂糖
大さじ2〜3杯
小さじ1杯
レモン汁 ①
大さじ1/2杯
レモン汁 ②
少々
小さじ2杯
少々
※甘さはお好みで加減して下さい

作り方

1

さつまいものあく抜き用に、ボウルや深めのお皿などに水(分量外)をたっぷり用意する。

2

さつまいもを洗って輪切りにする。

輪切り→厚めに皮を剥く→水に入れる、の手順を繰り返してさつまいもを切っていく。

3

輪切りにする前に皮を剥いてしまうと変色するので、1つ輪切りにしたら皮を剥いてすぐ水にさらして下さい。

4

※皮は厚めに剥くのがきれいな黄色に仕上げるコツです。

5

さつまいもをさらした水が白っぽくなるので、2回ほど取り替えてアクを抜く。
10分くらいさらして水が透明になればOK。

6

鍋にたっぷり水をはり、さつまいもとレモン汁①を入れて茹でる。

※レモン汁を入れるときれいな色に仕上がる。

7

中心まできれいな黄色になって、柔らかくなったらさつまいもを取り出す。

8

フードプロセッサーがない場合】
… 9へ

フードプロセッサーがある場合】
… 11へ

9

さつまいもが熱いうちに裏ごしし、
鍋(こげつきにくいもの)に入れる。

10

9の鍋に 水、甘露煮のシロップ、砂糖、はちみつ、レモン汁②を加え、混ぜながら弱火にかける。

→ 13へ

11

さつまいも、水、甘露煮のシロップ、砂糖、はちみつ、みりん、レモン汁②をフードプロセッサーにかけて攪拌する。

12

なめらかになったら鍋(こげつきにくいもの)に入れて、弱火にかける。

13

FPありなし共通

焦げないように、面で混ぜられる木べらなどで始終優しく混ぜ、ねっとりして透明感が出るまで練り上げる。

14

※しっかり練ることで艶が出てきます。
地道に優しく練りましょう。
40分以上練る、と書かれた本もありますよね。

15

木べらで鍋の底をすっと引いて、しっかり線が残るくらいになったら塩をひとつまみ加えてよく混ぜる。

16

キッチンペーパーで軽く水気を切った栗の甘露煮を鍋に入れ、優しくひと混ぜして火を止めたら完成♪

17

粗熱を取って冷蔵庫へ。
タッパーなどに入れて保存し、食べる分だけ器に取りましょう。

18

くちなしの実と一緒にさつまいもを茹でるときれいな黄色になりますが、しっかりアク抜きをし、皮を厚めに剥けば素材の色でOK!

コツ・ポイント

さつまいも

・切ったらすぐに水にさらす。
・皮は厚めに剥く。
・茹で汁は使わずに捨てる。

おめでたい感じの色が命なので、下準備はしっかり!

このレシピの生い立ち

さつまいもが離乳食にも使えるのと、好みの量で作れるので余らせないように自家製栗きんとんにしています。

茹でたさつまいもは…
さつまいも粥、さつまいも納豆、さつまいもポタージュ、ミルク煮、オレンジ煮など離乳食に大活躍。

大人も大学芋で!
レシピID : 3599151 公開日 : 15/12/31 更新日 : 16/01/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

2 (2人)

20/01/02

写真

くちなしも焼きみょうばんも無くてもとても美味しくキレイに出来ました!レモンの爽やかさも感じる栗きんとんです!

minachi875

18/12/31

First tsukurepo mark
写真

練りはまだ甘いですが、クチナシ無しで綺麗に仕上がりました。

ハチ子85

つくレポありがとうございました!