トマトの酸辣湯(サンラータン)

トマトの酸辣湯(サンラータン)
いつもストックしてある、酸味のやわらかいナガノトマト「あらくつぶしたトマト」を使って、中華風のスープを作ります。「特選なめ茸茶漬け」を加えて、親しみやすい味に。トマトの酸味と、ラー油の辛さを、シンプルな材料で。 

材料

ナガノトマト「あらくつぶしたトマト」
大さじ6
ナガノトマト「特選なめ茸茶漬」
大さじ5
きくらげ 又は 干し椎茸
3~4g(干し椎茸は2、3枚)
2個
1リットル
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
大さじ1
玄米黒酢(好みで)
小さじ1.5
大さじ1/2
こしょう
少々
ラー油
適量
ねぎ
適量

1

だし汁を中火にかけて、あたたまったら「あらくつぶしたトマト」と「特選なめ茸茶漬」、もどして千切りにしたきくらげ又は干し椎茸を加えます。

2

ひと煮たちさせたら、酒、しょうゆ、みりんと酢を加えて、火を弱めます。

3

溶いた卵を加え、スープをかき混ぜます。塩、こしょうで調味します。

4

写真

最後にラー油を加えますが、写真のように、食卓に出すとき、ラー油とごま油を添えても。お子さんや辛いものが苦手な方はごま油でいただきます。

5

写真

翌日は、ゆでたそうめんを入れて、にゅうめん風にしても。

コツ・ポイント

▼写真はきくらげですが、もどした干し椎茸を使っても。▼辛いものが苦手な方や、小さいお子さんがいる場合、ラー油をごま油に変えて。西柿蛋湯というおいしいスープになります。▼飲んでもおいしい玄米黒酢を使って、酸味にアクセントを。

このレシピの生い立ち

マイルドなナガノトマトの「あらくつぶしたトマト」で作ったら、おいしくおトクにできました。普通は鳥ガラスープですが、手近でナチュラルな材料を使いたかったのと、日本人向けにしたかったので、だし汁をベースに。ナガノトマトの「あらくつぶしたトマト」は、甘みも酸味も日本人好みなので、私にとってトマト煮といえばこれです。
レシピID : 360008 公開日 : 07/04/15 更新日 : 14/06/27

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」

1 (1人)

08/03/30

First tsukurepo mark
写真

今度、トマトを入れてみます。ごま油とお酢がキメテですね。

適当料理家

今は高いですからね…トマト缶でOKですよ♪