ベビー雑煮 餅のかわりはワンタン

ベビー雑煮 餅のかわりはワンタン

Description

餅のかわりの赤ちゃん雑煮です♪
気分だけでも一緒にお雑煮食べたい

材料 (1人前)

ワンタン
3~20枚くらい月例に合わせて適量
適量
小松菜や鶏肉、麩など
お好みで

作り方

1

ワンタンの皮は月齢やその子に合わせて刻み、一度ゆでこぼし、やわらかくする

2

塩分を加える前の大人用に作ったダシ汁、他の具材を入れて完成

うちは中部なのでプラスお醤油少々

3

本物のお餅は喉に詰まりやすいため3歳くらいになってから親の監視の上で少量ずつ与えるのが良いそうです

4

1才過ぎれば、餅を賽の目にしカリっと焼いた部分を細かくして汁でふやかして与えても大丈夫です

5

餅…うちの20超えたお姉ちゃん1才半でも食べてましたが年中さんで喉詰まらせ顔面真っ青事件を起こしました!Σ(×_×;)!

6

お餅や白玉は美味しいですが、小学校低学年までの子どもとお年寄りは十分注意してあげてくださいね‼

7

家庭の味と団らんを大切に♪
関西風、関東風、それぞれの地方の味にアレンジ下さい(*^^*)

コツ・ポイント

うどんより柔らかく中期から大丈夫ですが、ワンタン、餃子の皮には少量油と塩分が含まれているので、ゆでこぼして、別に作っただし汁を。後期以降はそんなに気にしなくてもオーケー!!塩分控えめなら大人のだし汁を薄めて使っても良いです。

このレシピの生い立ち

子どもが8ヶ月離乳食中期に入って一緒に食卓を囲めるようになりました。初めてのお正月です。まだ鶏肉はむね肉をすりつぶし、軽く片栗粉でとろみをつけて。小松菜もよく茹でてみじん切りにしてあります。ダシは昆布と鰹節。おいがつおで風味良く。
レシピID : 3600152 公開日 : 16/01/01 更新日 : 16/01/12

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」