家庭で作るダッチオーブンのローストビーフ

家庭で作るダッチオーブンのローストビーフ

Description

キャンプ道具を有効活用。ご家庭でダッチオーブンを活用した本格ローストビーフ作り。ポイントは豆炭です。

材料 (2〜3人分)

牛モモブロック
400g
コショウ
適量
お好み
お好み
豆炭(燃料)
3〜5個
金串
1本

作り方

1

写真

今回の材料はこちらです。

2

写真

お肉を常温に戻しておきます。特に厚めのお肉を調理する際は重要です。

3

写真

表面の余分な水分を取り除きます。

4

写真

コショウ、クレイジーソルトをお好みで適量、しっかりとお肉にすり込みます。気持ち多めがおすすめ。

5

写真

ラップに包んで15分ほど放置し、しっかりと馴染ませます。

6

写真

フライパンにオリーブオイル、お好みでにんにく、鷹の爪を入れ、オイルに風味を付けます。余ったオイルはソース作りに。

7

写真

よく熱したスキレットにお肉を投入し、強火で表面が焦げはじめる+α程度炒めます。不安に思ってから30秒程度が目安です。

8

写真

焼き上がりはこんな感じ。

9

写真

ダッチオーブンに網を敷き、お肉を入れます。下にアルミホイルを敷いておくと後片付けが楽チンです。

10

写真

フタをして豆炭を用意。今回は10インチハーフを利用し、3個の豆炭で調理します。

11

写真

豆炭に着火。一酸化炭素はほとんど出ませんが、換気には十分に注意しましょう。また相当温度が上がるのでやけどにも注意。

12

写真

下火は弱火で十分。ガスコンロの一番弱い火力で調理しました。

13

写真

15分経過。お肉を裏返します。この時点の温度を覚えておきます(5秒ほど刺した金串の先端を唇に当て、人肌程度が目安)。

14

写真

更に15分。火が通り始めると中からジュージューと肉汁の焼ける音がしてきます。裏表で合計30分が目安です。

15

写真

焼き上がりました!金串の刺した感覚と、温度の違いを確認してください。次回に役立ちます。

16

写真

ラップで巻き、余熱で火を通しながら徐々に冷まします。

17

写真

使い終わった豆炭は水に投入して確実に消化しましょう。

18

写真

十分冷めたらお好みの厚さに切ってお皿に盛りつけます。

19

写真

完成!レタスがなかったので今回はキャベツで(笑)

コツ・ポイント

豆炭を利用すればダッチオーブンで必要な上火を手軽に実現できます。
余ったオイルでお手軽ソース作りも。お醤油、酒、みりんを「2:1:1」の割合で軽く煮立てれば完成。お好みでにんにくや生姜、大根おろしを。ポン酢で食すのもおすすめです。

このレシピの生い立ち

豆炭を利用すれば上火も実現できるので、ダッチオーブンをもっと活用できるのではないか。そんな思いから手始めにローストビーフを作りました。
オフシーズンはどうしても出番の少ないダッチオーブン。これを機にご家庭でも活用してみてはいかがでしょうか。
レシピID : 3602612 公開日 : 16/01/04 更新日 : 16/01/04

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」