切干大根なます風

火も包丁も使わずにできてラクラク。お弁当や箸休めに。作り方はほとんどピクルスと同じですが、切干大根が水分を吸ってくれるので、ピクルス液が残らないのがグーです。

材料

切干大根
ビンに入るだけ
100ml
砂糖
30g
粒こしょう
2~3粒

1

まず煮沸消毒。ジャムなどの空き瓶に水を入れ(フタは開けたまま)、フタにも水を張って2分ほどレンジでチン! トングで取り出して中のお湯を出して、乾いたところで消毒完了。

2

液を作ります。酢と砂糖、粒こしょう以外の材料はお好みで1のビンに入れ、40秒ほどレンジでチン。

3

2の液に、切干大根を軽く水で濡らし、手で絞ったものを入れる。ビンに入るだけギュウギュウ入れて冷蔵庫で一晩寝かせれば完成。

コツ・ポイント

別にビンづめにしなくてもいいかもしれません。ビニール袋とか、密閉容器で作っても。私は作っておいて、弁当にちょこちょこ入れて使ってます。10日くらいは余裕でもつと思います。

このレシピの生い立ち

中山庸子先生の本でピクルスの作り方をみたのがきっかけでした。野菜をとらねば。と思いつつ、買い置きがなく、切干大根で試してみたらなかなかおいしくできました。切る手間も、加熱の手間もなくラクラク。余力があれば、にんじんの千切りを一緒に入れても彩りになり、キレイです。生にんじんでもおいしいですが、ビタミンが摂れないと聞いたので、ほんの少~しチンしてから入れてます。
レシピID : 360569 公開日 : 07/04/16 更新日 : 07/04/16

みんなのつくりましたフォトレポート「つくれぽ」